1. トップ
  2. ファッション
  3. 大人の粋なアートとグルメの旅@寄居町その1:銘仙に注目!着物と洋服のリメイク『アトリエリカ』

大人の粋なアートとグルメの旅@寄居町その1:銘仙に注目!着物と洋服のリメイク『アトリエリカ』

  • 2021.8.1
  • 1926 views
魅力あふれる町・寄居町

住みたくなる町の価値観は人それぞれ。

1.美しい自然がある 2.アートや伝統を感じるモノやヒトが存在している 3.古き良き街並みや家がある 4.食の感動がある 5.リラックスと利便性のバランスが良い

そんな点から寄居町は、私のストライクゾーンそのもの。

高速を使えば浦和・大宮から1時間15分、ノンビリ県道を走れば2時間ほど。 池袋からは電車で1時間半。

今回から3回にわたって「大人の粋な旅」をテーマに、寄居町のアートやグルメの選りすぐりをお伝えしたいと想います。

1回目は着物や洋服のリメイクを仕立てる「アトリエRIKA」さん。 2回目は本格的なのにお手頃な会席ランチの料亭「喜楽」さん。 そして3回目は、美しい染め物技術が魅力の「きぬのいえ」さん。

では早速、ご案内しましょう。

想いを、モノを、慈しむ・紡ぐ アトリエRIKA

「学生時代に着ていた浴衣を、ワンピースにリメイクしたい」 そう想って、ネットで「着物リメイク・埼玉」で調べて訪ねたことがきっかけで通い始めた「アトリエRIKA」さん。

仕立てて戴いたのは、こちらの生地。

出典:リビング埼玉Web

浴衣からロングワンピースへ。 どうです。この変わり様。

どんなふうにしたいか希望を伝え、オーナー加藤さんが丁寧に生地を仕立て直して蘇らせて下さいました。

寄居町駅から徒歩5分ほど

「物を大切にする気持ち、慈しむこころ」をモットーに、様々な素材や大切な着物、思い出の洋服などから仕立てをされているお店は、かつて養蚕も行っていた建物をリノベしたもの。

出典:リビング埼玉Web

店内は、持ち主のみなさんが大切に使いこんできたアンティークの洋服や雑貨、家具がセンス良く並び、中央には仕立てに必要なミシンや色とりどりの糸が並んでいるのが印象的でした。

今は亡きお母さまが着ていらした洋服をリメイクしたいなど事情は様々。 いろいろなストーリーのあるモノたちが、加藤さんの手によって次々と蘇ってゆきます。

全てに共通するのは、モノを、心を大切に慈しみ紡いでゆく気持ち。

出典:リビング埼玉Web

アンティークなワンピース。お気に入りの一枚に出会えるかも。。。

だからでしょうか。 お店にいると、ゆっくり、ゆっくりと時間が流れてゆくのです。 お店を出入りされる方も、皆さま素敵な方ばかり。

銘仙コレクションにも注目

オーナーの加藤さんは実は銘仙コレクター。

銘仙とは、大正から昭和の初期にかけて庶民の間で流行した着物。

そして、こちらが銘仙の着物をリメイクしたスカート。

出典:リビング埼玉Web

どうです。昔の着物には見えませんね。 モダンで大胆な柄が沢山ありまして、

出典:リビング埼玉Web

このような生地もあり、同じ柄は二つとしてありません。

私はすっかり銘仙に魅了され、今度はどんな柄に出逢えるかしら、とワクワクするようになりました。

生地を観ながら相談して、仕立てて戴くことも出来ますが、既にリメイクされて洋服もあるので、銘仙柄に限らず、お気に入りの一枚や雑貨を見つけに行くのも良いでしょう。

出典:リビング埼玉Web

写真はオーナーの加藤さん。 「今は簡単に物が捨てられてしまう世の中。 物を大切に、次の世代に丁寧に紡いでゆく、そんな心を大切にしたい」と、優しい笑顔で語る雰囲気は、しばし癒しの時。

大阪出身の加藤さんは、大手アパレルでパタンナーをされていた、ご経験豊富な方。旦那様のお仕事で埼玉へ。寄居町に住み、子育てを経て「アトリエRIKA」をオープンされました。

出典:リビング埼玉Web

「もったいない」

そんな気持ちからヒト、モノ、コトを慈しむ心にふれる「アトリエRIKA」さんでのひととき。

皆さんも「慈しむ」心とモノ探しに出かけてみませんか?

アトリエRIKA 住所:埼玉県大里郡寄居町寄居973-1 TEL&FAX:048-577-7305 http://atelier-rika.com/ 営業時間:11:00~18:00(定休日:月曜・火曜) *変更の可能性があります。来訪の際は事前にお問合せ下さい。

次回は、「アトリエRIKA」さんから徒歩2~3分程のところにある90年以上経つ老舗の料亭「喜楽」さん。

地元の素材を丁寧に会席に。

歴史の重みを感じる建物と、おもわず「ありがとう」と感謝の言葉がこぼれる料理の数々をたっぷりとお伝えしたいと想います。

出典:リビング埼玉Web

お楽しみに!

元記事で読む