1. トップ
  2. トム・クルーズ主演映画『トップガン マーヴェリック』11月19日に日米同時公開へ

トム・クルーズ主演映画『トップガン マーヴェリック』11月19日に日米同時公開へ

  • 2021.8.1
  • 563 views
『トップガン マーヴェリック』(c)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

公開が延期となっていたトム・クルーズ主演映画『トップガン マーヴェリック』が11月19日に日米同時公開されることが決定した。

本作は、アメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を描いた、1986年の映画『トップガン』の続編となる最新作。

共演には、『セッション』のマイルズ・テラー、『ノア 約束の舟』のジェニファー・コネリー、『ザ・ロック』のエド・ハリス、さらに前作でマーヴェリックのライバル“アイスマン”を演じたヴァル・キルマーも再登板する。監督を務めたのは、『オブリビオン』でもクルーズとタッグを組んだジョセフ・コシンスキー。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーを務め、『ミッション:インポッシブル』シリーズの監督で知られ、クルーズの盟友として信頼の厚いクリストファー・マッカリーが脚本に加わった。

厳しい状況の続く世界の映画シーン、エンタメシーンを盛り立てるべく、様々な形でリーダーシップを示しながら最大限の行動を起こし続ける姿が度々報じられてきたクルーズ。本作も公開延期を余儀なくされてきたが、2021年は前作の公開から35周年というメモリアルイヤーにあたり、“5月13日・トップガンデー”には、クルーズが自身のInstagramで「今年の後半、みなさんがこの映画を観てくれる日が待ちきれないよ」と投稿した。

日本では、8月6日より全国の上映劇場(※一部劇場を除く)とオンラインで、本作のムビチケ前売券が発売スタート。2種類の券面は、はるか広い大空と戦闘機への愛を感じさせるエモーショナルな瞬間を映し出した本作のポスタービジュアルがあしらわれている。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む