1. トップ
  2. スキンケア
  3. 後ろ姿から見えた老け感の理由とは? 姿勢を正して若見え!【体験談】

後ろ姿から見えた老け感の理由とは? 姿勢を正して若見え!【体験談】

  • 2021.8.1
  • 18027 views

街で見つけたおしゃれなファッションの女性。なのに“若くない”とわかってしまった理由は、ズバリ立ち方と歩き方でした。老けて見えない体をつくるには、体重を減らすだけではダメかも? 注目したのはいつまでも美しいプロポーションのバレリーナです。バレエを通じて正しい姿勢ときれいな体のラインを目指す私の体験をご紹介します。

すてきな女性はなぜ老けて見えたのか

私はお店のレジで並んでいると、自然と前にいる人に目がいってしまいます。あるとき、ふと目に入った女性はゆったりシルエットのシャツに、パンツもかなりボリュームのある流行っぽいコーディネイト。良い感じのショートカットは服とのバランスも抜群。ところがおかしなところなどないのに、「この人は決して若くない」ということがわかってしまったのです。なぜか? それはズバリ、姿勢と歩き方です。加えて立ち方も。

レジで並んでいるときから感じた老け感は、立ち方にあったわけです。まっすぐ立っているときに肩が前方に入り気味になり、肩が入っているということは背中が丸くなっているということです。年を取ると、どうしても姿勢が悪くなってしまうのですが、自分ではなかなか気付きませんし、家族や友だちと一緒でもお互い近距離にいるため、相手の姿勢まで見えず指摘されにくいのかもしれません。

そしてもう1つ、立っているときや歩いているときも、彼女は“顎が上がり気味”でした。背中が丸くなると、どうしても顎が上がってしまいます。首が前に出ている状態なので、顎が上がってしまうようですが、意識して顎を引かなくても姿勢が良ければ首が前に出ることもなく、顎を出さなくても済むのではないかと思います。

細い、スタイルが良い、おしゃれという要素以外に、体のラインや姿勢の良さも若々しさのポイントになり得るのではないかと感じました。

かつて私の姿勢を直してくれたものは

街で見かけた女性は、改めて自分自身のことを気付かせてくれました。かつて姿勢が悪かった私にとって、今でも姿勢については他人ごとではありません。私も子どものころから猫背で、母親に「曲がってる! 」と背中をよくバシっと叩かれました。そんな私の背筋が伸び始めたきっかけは「バレエ」を習い始めたこと。

宝塚を目指していた友だちに誘われたのがきっかけで、習い始めとしてはかなり遅い年齢の中学生でした。昔からバレエに憧れていたので楽しければいいと思っていたのですが、すでに体は柔軟性など皆無のガチガチ。まず先生に肩をぎゅっとつかまれて後ろに反らされ、姿勢を正すことから始まりました。通学の関係で習っていた期間は3年ほどでしたが、柔軟性が多少はついて確実に姿勢は良くなりました。


姿勢は直ったものの、40歳になり年齢を重ねることでやってきたピンチは、太りやすくなったこと。でも、激しい運動はもうしんどくて無理。そこで思い出したのがバレエです。バレエはダイエット効果ももちろんありますが、それよりも体のラインを美しくするという大きな効果を持っています。多少ぽっちゃりしていても、姿勢が良く体のラインが美しければ、老けて見えないのではないかと考えました。

しんどくないバレエエクササイズも

ちょうど大人が参加できるバレエ教室が流行っていたので、調べると家の近所にもありました。参加している方は年齢もさまざまで、初心者でもできる無理のない動き。

大人バレエは、急激に体重が減ったりはしませんが、全身をしっかりと隅々まで動かすということで、引き締め効果は大。私の場合、引っ越しで離れるまでの2年間でゆるゆるだった体のラインを引き締めることができました。体重の数値に関わらず、見た目も変わってきたのです。

その後は、50代前後になって更年期の症状が出始めたころ、体の健康やストレス解消のことを考えて、思い切って近所のスポーツジムに入会。うれしいことに、スポーツジムのメニューにバレエストレッチというものもありました。こちらはなんと寝ころんだ状態でバレエの動きをするというもので、寝ころんでいるので、全然きつくありません。また、自宅でできるDVDのバレエレッスンも見つけました。

こちらは 椅子に座ってできるエクササイズで、これもとてもラク! ダイエットというよりは、バレエの所作や動きを基本にしたストレッチで、じんわりと汗が出る気持ちの良い動きになっているのです。

まとめ

いくつになっても老けない人になるのはとっても難しいことですが、姿勢や体のラインを意識することが重要ではないかと感じています。これからも自分のペースで無理をせずに続けられることを見つけようと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

イラスト/村澤綾香

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:なつみ

若き日は数々の職種を渡り歩いたフリーター。現在、夫と社会人の娘と平和な3人暮らし。趣味は映画鑑賞とお酒(おもにホラー映画と日本酒)。最近はウイスキーにハマっている。


監修者:医師 こまがた医院院長 駒形依子 先生

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』。

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む