1. トップ
  2. 弟の命を奪った青年が家に。土下座する彼に母が告げた言葉/16歳で帰らなくなった弟

弟の命を奪った青年が家に。土下座する彼に母が告げた言葉/16歳で帰らなくなった弟

  • 2021.7.30
  • 98911 views
ドアを開けたら、土下座したふたりがいた (C)きむらかずよ/KADOKAWA
ドアを開けたら、土下座したふたりがいた (C)きむらかずよ/KADOKAWA

『16歳で帰らなくなった弟』を最初から読む

ほんの2分ほどのお昼のニュースで流れたのは、弟の死を伝えるものでした。

職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、思春期をこじらせて素直になれない姉、そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。どこにでもあるような家族の風景が、警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。

肉親を突然失ったある家族が、再び歩き出せるようになるまでをつづった描きおろしオリジナルコミックエッセイ「16歳で帰らなくなった弟」。

家族との毎日は、ある日突然なくなるものなのかもしれない…当たり前が当たり前じゃないということを考えさせられます。

【画像を見る】加害者の青年が家までやってきて… (C)きむらかずよ/KADOKAWA
【画像を見る】加害者の青年が家までやってきて… (C)きむらかずよ/KADOKAWA
立てなくなってしまった加害者の父 (C)きむらかずよ/KADOKAWA
立てなくなってしまった加害者の父 (C)きむらかずよ/KADOKAWA
あなたはあなたの人生を生きて (C)きむらかずよ/KADOKAWA
あなたはあなたの人生を生きて (C)きむらかずよ/KADOKAWA
どうあっても弟は帰ってこない (C)きむらかずよ/KADOKAWA
どうあっても弟は帰ってこない (C)きむらかずよ/KADOKAWA
「全て僕が悪いんです」 (C)きむらかずよ/KADOKAWA
「全て僕が悪いんです」 (C)きむらかずよ/KADOKAWA
彼を責めてもしょうがないから (C)きむらかずよ/KADOKAWA
彼を責めてもしょうがないから (C)きむらかずよ/KADOKAWA

著=きむらかずよ/『16歳で帰らなくなった弟』

【著者プロフィール】

きむらかずよ

イラストレーター。小学1年生の時にプレゼントされた漫画『うわさの姫子』に衝撃を受け、漫画やイラストを描くように。現在は3人の子育てをしながら、新米保育士としても奮闘中。交通事故で亡くなった弟のことを綴った本作品にて連載デビュー。

元記事で読む
の記事をもっとみる