1. トップ
  2. 『六番目の小夜子』今夜から一挙再放送 10代の鈴木杏、栗山千明、山田孝之、松本まりから出演

『六番目の小夜子』今夜から一挙再放送 10代の鈴木杏、栗山千明、山田孝之、松本まりから出演

  • 2021.7.30
  • 171 views
2000年ドラマ『六番目の小夜子』が再放送 (C)NHK width=
2000年ドラマ『六番目の小夜子』が再放送 (C)NHK

2000年に放送され、鈴木杏、栗山千明、山田孝之らが出演した学園ドラマ『六番目の小夜子』が、30日深夜より3日連続で再放送される。

【写真】鈴木杏&勝地涼、21年前『六番目の小夜子』2ショットに本人反応「俺やっぱり薄い!」

本作は、とある中学校に伝わる「サヨコ伝説」と、この中学校に突然やって来た、奇しくも“サヨコ”という名の謎の転校生をめぐっての、少年少女たちの友情、そして、子どもたちにとって学校とは何かを、ミステリータッチで描く学園ドラマ。2000年4月~6月にNHK Eテレで放送された。原作は恩田陸のデビュー作 『六番目の小夜子』。

潮田玲(鈴木杏)の通う中学校では、三年に一度、サヨコと名乗る生徒が選ばれて、三つの約束を果たす、という言い伝えがあった。玲は自分が選ばれたことにしたくて、始業式の早朝学校へ行くが、自分より先にサヨコらしき痕跡を残した生徒を見かける。それは津村沙世子(栗山千明)という転校生の疑いがあり、玲は隣に住む友人の関根秋(山田孝之)やバスケ部の友人・花宮雅子(松本まりか)と協力して、サヨコの謎を解き始める。

出演は、主人公の潮田玲役を鈴木、転校生の津村沙世子役を栗山、玲の友人・関根秋役を山田、花宮雅子役を松本が演じるほか、勝地涼、山崎育三郎といった今をときめく俳優陣がずらり。当時10代の彼らの初々しい姿にも注目だ。

今回の再放送は、総合テレビの企画『深夜のイッキ見!まつり』(NHK総合/7月23日深夜~9月5日深夜放送)の一環。日中から夜にかけての放送がオリンピック・パラリンピック中心となるこの夏。NHKでは、多様な視聴者のニーズに応えるため、深夜から早朝にかけて、ドラマの人気シリーズやドキュメンタリーの名作などを集中編成する。また、NHKプラスでは放送後1週間見逃し配信し、<#イッキ見>作品をタイトルごとにまとめた「プレイリスト」を用意。視聴者が思い思いに自分のペースで作品を楽しめる新しい視聴体験を提供する。

ドラマ『六番目の小夜子』は、NHK総合にて7月30日24時11分より第1回~3回、7月31日24時36分より第4回~8回、8月1日24時36分より第9回~12回を放送。

元記事で読む