1. トップ
  2. メイク
  3. 30代はナチュラルメイクでふんわり美人を目指そう!アラサーのNGメイクも要チェック

30代はナチュラルメイクでふんわり美人を目指そう!アラサーのNGメイクも要チェック

  • 2021.7.30
  • 2402 views

30代になったらナチュラルメイクがおすすめ!

30代になったらナチュラルメイクがおすすめ
出典:byBirth

自分の好きなメイクを好きなように楽しめた20代。でも、30代になっても20代の頃と同じメイクをしていると、かえって老けて見えたり、古臭く見えたりしてしまう場合もあるので注意が必要です。

30代には30代にしっくりくるメイクがあります。その1つがナチュラルメイク。

アラサーになったらすみやかにナチュラルメイクに変更し、ふんわりやさしい美人顔を目指しましょう。アイメイクなどを部分的にゴージャスにするだけで、十分華やかに見えますよ。

30代になったら、30代に似合うナチュラルメイクで、女性の魅力を全開にしちゃいましょう。

30代に似合うナチュラルメイクのポイントとおすすめコスメ

30代に似合うナチュラルメイク
出典:byBirth

では、30代に似合うナチュラルメイクとは、どのようなメイクなのでしょうか。ただ薄いだけのメイクではなく、もちろんスッピンでもありません。

ここでは、30代に似合うナチュラルメイクのポイントと、おすすめコスメをご紹介します。

スキンケアとベースメイクで素肌をきれいに見せる

30代のナチュラルメイクは、スキンケアとベースメイクで素肌をきれいに見せるのが重要なポイントです。さまざまな肌悩みが増えるアラサー世代だからこそ、スキンケアを徹底して素肌をきれいに保ちましょう。

また、ベースメイクは厚塗りに注意して、ナチュラルで透明感のあるツヤ肌を目指しましょう。

マットな陶器肌も素肌が綺麗に見えますが、一歩間違えると厚塗りに見えてしまうので、透明感のあるツヤ肌仕上げのほうがナチュラルに見えます。

30代のメイクは、どこまでいってもナチュラルであることが基本です。

高保湿成分配合のスキンケア化粧品が必須

きれいな素肌を保つには、高保湿成分配合のスキンケア化粧品が必須です。肌が乾燥しがちになるアラサー世代のスキンケアは、何よりも「保湿ケア」が重要です。

保湿なくして、アラサーの美肌は成立しないといっても過言ではありません。肌の保湿力が十分なら、肌のバリア機能が正常にはたらき、外的刺激からも肌を守ってくれます。

タカミ 角質ビューティープログラム

そんなアラサーの美肌キープに一役かってくれるのが、タカミの角質ビューティープログラム。「タカミスキンピール」とうるおいたっぷりのマスクで、ワンランク上の素肌を目指しましょう。

カバー力が高くうるおいも保てる下地・ファンデーションをチョイス

30代のナチュラルメイクを美しく仕上げてくれるのは、カバー力が高く、うるおいも保てる「下地」や「ファンデーション」。肌が乾燥したり、部分的に皮脂が多くなったりするアラサーのメイクには、下地は必須アイテムです。

過剰な皮脂の分泌を抑えつつ、なめらかな肌に仕上げてくれる下地やファンデーションを選びましょう。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーべース EX

マキアージュの下地は素肌なじみが良く、自然な明るい肌を実現してくれます。気になる紫外線対策としても重宝するので、アラサーなら1本持って起きたい下地です。

また、そんなマキアージュの下地と一緒に使いたいのが、カバー力も透明感も同時に叶えてくれる「パウダーファンデーション」。

マキアージュ ドラマティックパウダリー EX

30代のメイクは、過度なツヤ肌はテカリに見えてしまう場合もありますが、マキアージュの「ドラマティックパウダリー EX」なら、ハイライトのような程よいツヤ肌に仕上げてくれます。

カバー力と透明感を同時に叶えてくれるので、毛穴も目立ちにくくなり、カサカサ感も軽減してくれるでしょう。

リップは肌色に合わせてチョイス

リップは肌色に合わせてチョイス
出典:byBirth

30代のナチュラルメイクは、リップの色選びも重要です。色白の素肌に真っ赤な口紅も素敵ですが、30代になったら浮いてしまうこともしばしば。古臭い印象を与えてしまう場合もあるので、かえって老けて見えてしまうこともあります。

そんなアラサーのナチュラルメイクには、肌色に合ったリップを選ぶのがポイントです。赤やピンクなどの浮いてしまうカラーではなく、オレンジやベージュなどの自然な色味がおすすめ。ただし、くすみカラーだと顔色が悪く見えてしまうので、程よい血色感を演出できる色を選びましょう。

リップの質感はマット系よりうるおい系がおすすめ

リップを選ぶ際には、質感にもご注意を。30代のナチュラルメイクには、マットなリップよりも、うるおい系のリップのほうがおすすめです。

とはいえ、テカテカになってしまうほどのツヤがあると、やりすぎ感が出てしまいます。あくまでもナチュラルメイクを目指すなら、程よいツヤ感が大事。

ベアミネラル ミネラリスト リップ グロスバーム

「ミネラリスト リップ グロスバーム」なら、ツヤのあるテクスチャーでありながらも、唇にフィットしてべたつきや重さを感じないのが特徴。

それでいてジュレのようなみずみずしさがあるので、アラサーのナチュラルメイクにおすすめです。

アラサーにNGのメイクにはご注意を

20代の頃ならかわいいけど、アラサーになったらNGのメイクをご紹介します。やりすぎ感、老け見えを避けるためにも、ぜひここでチェックしておきましょう。

厚塗りファンデ

30代になると、カバーしたくなるエイジングサインが目立ちはじめますよね。だからといって、ファンデーションを厚塗りしてはいけません。

厚塗りすることでエイジングサインはカバーできますが、古臭いメイクになりがちなので気をつけましょう。

細すぎる眉

細すぎる眉
出典:byBirth

キリリと上がった細い眉は、20代の頃なら大人っぽく見えますが、30代になったら避けたほうが無難なメイクの1つ。

30代の女性は、ふんわりとやさしい雰囲気をかもし出すのがポイントなので、細すぎる眉ではキツイ印象を与えてしまうので気をつけましょう。

濃すぎるチーク

チークは血色の良い肌色を演出してくれますが、30代のナチュラルメイクでは濃すぎるチークはNG。

オレンジや薄めのピンクで、ふんわりと自然にチークを乗せるようにしましょう。

囲み目メイク

囲み目メイク
出典:byBirth

目力アップに効果的な囲み目メイクは、30代のナチュラルメイクでは避けたいところ。

目の印象アップには、自然な輝きが特徴のラメアイシャドウや、ブラウン系の落ち着いたアイシャドウがおすすめ。アイラインは目尻や目頭など部分的に入れ、全体的に囲むのは避けましょう。

マスカラは黒よりもブラウンで、自然な仕上がりにするのがおすすめです。

30代になったらナチュラルメイクでふんわり美人を目指そう!

30代のナチュラルメイクのやり方やおすすめアイテムをご紹介しました。

アラサーのメイクは注意ポイントが多いですが、選ぶ色やアイテムを厳選すれば、ナチュラルメイクでふんわり美人を目指せるでしょう。

元記事で読む