1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「敏捷い」ってなんと読む?「びんしょうい」ではありませんが、敏捷なことです!

「敏捷い」ってなんと読む?「びんしょうい」ではありませんが、敏捷なことです!

  • 2021.7.30
  • 20399 views

「日毎」ってなんと読む?「にちまい」ではありませんよ!

明日、7月30日は『梅干しの日』という記念日です。

この頃になると、梅干しづくりの最後の仕上げ「土用干(どようぼし=塩漬けにした梅を、日光にあてて殺菌しつつ水分を飛ばす作業)」を終え、新物の梅干しが食べられること、

また、梅干しは古くから健康食としても重用されたため「梅干しを食べると難が去る」と伝承されており、「難(7)が去(3)る(0)」の語呂合わせもあり、7月30日が選ばれたのだとか。

確かに、お弁当に梅干しを入れると腐敗が遅くなる、など、これからの季節に頼れる食材ですよね。「梅干しの中には神様がいる」という伝承もあるそうです。

本日は「梅」の中に含まれる「」という字にスポットをあて、難読クイズをお送りします。

【問題1】「日毎」ってなんと読む?

「日毎」という日本語の読み方をお答えください。

ヒント:「毎日。日々。1日1日。」を意味する言葉です。

<使用例>

「祖母のお手製の梅干し、なんだか日毎に味わい深くなってく気がするのよ。」

読み仮名3文字です。
読み仮名3文字です。

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

正解は↓に!!
正解は↓に!!
正解は… 日毎(ひごと) です。
「毎」と言う字には「ごと」という訓読みがあります。
「毎」と言う字には「ごと」という訓読みがあります。

毎(ごと)に」とは「(そのことを)するたびに」という意味で、「手をかける毎(ごと)に」「年齢を重ねる毎(ごと)に」などと使われますね。

さて、2問目は「毎」の入った漢字「」という字の入った日本語の難読クイズです。

【問題2】「敏捷い」ってなんと読む?

「敏捷い」という日本語の読み方をお答えください。

ヒント:「頭の回転や動作がすばやい。機敏・敏捷である。」という意味の言葉です。

<使用例>

「あの子は実年齢よりだいぶ敏捷いところがあるから、こちらの意図に気づいているかも!」

「○○○い」。
「○○○い」。

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

正解は↓に!!
正解は↓に!!
正解は… 敏捷(はしこ)い です。
口語でしばしば登場する表現ですね。

「敏捷(びんしょう)」という熟語に送り仮名をつけて当て字的に読む「熟字訓」になります。

***

本日は、『梅干しの日』のトリビアと合わせ、「梅」の中に入った「毎」にスポットを当て、

・日毎(ひごと)
・敏捷い(はしこい)

などの言葉の読み方をおさらいいたしました。

元記事で読む