1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性をガッカリさせる?デートでのNG行動3選

男性をガッカリさせる?デートでのNG行動3選

  • 2021.7.29
  • 3743 views

「ちょっと歩き疲れたからお茶でもしよう」と休憩できるカフェは、デートの定番スポットですよね。

しかしこのカフェデートでも、実はあなたの行動チェックされているんです!自分では気づかないNG行動で彼を知らぬ間にガッカリさせているかも……。

せっかくの楽しいデートも、知らない間に彼の気持ちが下がってしまうのは避けたいところ。

そこで今回はカフェデートで彼がガッカリしてしまう女性の行動を3つご紹介したいと思います。

今後のデートではそんな行動をしないよう、気を付けてください。では早速見て行きましょう。

座った時の姿勢がだらしない

男性が意外に見ているのが女性の座り方です。

足を開くように座ったり、椅子にだらしなく寄りかかったりするのは男性の気持ちを下げてしまいます。

とくに、近年女性のファッションは足を露出する服装はあまり見かけませんが、それでも足を開いて座っていたり足を組んでいるのは男性からあまり評判が良くないようです。

しかし、普段から座り方を意識していないと、足を閉じて座るのってなかなかしんどいですよね。では綺麗に見える座り方のポイントをお教えします!

1、椅子に座った時に意識するのは坐骨(ざこつ)。坐骨とは座った時にお尻の左右下にある出っ張った骨のことといい、この坐骨が座った面に垂直に刺さるようなイメージをして座るのがポイント。

2、次に膝と踝(くるぶし)を付け、膝が開かないように太ももの内側に少し力を入れお尻にもキュッと力を入れるよう意識しましょう。手はなるべく膝の上に重ねておくと、清楚で上品な座った姿勢に。

3、続いて横から見た時に、耳・肩・骨盤が一直線上であることを意識してください。背中は背もたれに寄りかからないようにするのが大事。結構疲れる座り方ですが、これを出来ればかなり綺麗に見えることでしょう。

慣れないうちはこの姿勢を続けるのは辛いと思うので日頃から意識をして綺麗な姿勢でいましょう。

細かなゴミが散らかっている

カフェではミルクや砂糖はセルフで用意されていますよね。これらを使ったときに出てしまうのが細かなゴミ。

すぐに捨てられる場所があればいいのですが、たいていは席にもってきて使う者です。

使ったあとのゴミをテーブルの上に乱雑に置いておくと「品がないな~」なんて彼をガッカリさせてしまうポイントになってしまいます。

ソーサー付きのカップであれば、ソーサーにまとめて置いておきましょう。また、ソーサーが無い場合ならトレーの上などに折り畳んだりまとめたりしましょう。

ゴミが出るのは仕方ありません。あくまでもそれが散らかって、乱雑に見えないことが大切です。

特にストローが入っている袋は長くがさばるので、これらのゴミも忘れずに後片付けしておきましょう。

リップの跡がカップに残っている

最近はハッキリとした色味のリップが流行しているので、白いカップなどだと余計に目立ちます。女性にはありがちですが、男性からは「だらしない」と思われてしまうのだそう!

落ちにくいリップなどもありますがやはり多少はついてしまいます。そこで、カップに付けない工夫をご紹介したいと思います。

1、定番!カップに口を付ける前にティッシュオフしよう

一番一般的な方法はティッシュオフする方法ですよね。ティッシュを半分に折り、唇で軽く挟むと唇の表面に付いているリップをおさえる事ができます。擦らずに落とせるので、色味が落ちすぎません。

2、リップを落とさずにすむ、リップコートを使おう

リップの色持ちもキープしつつ、カップにリップが付くのも防いでくれます。落ちないと人気なのはリンメルの「マジカルステイリップコート」です。

プチプラで探しているのであればスウィーツスウィーツの「ラスティングリップコート01」がおすすめ!値段も1,000円以下でおさめられます。

3、グラスに口を付ける前に唇を舐めておく

デヴィ夫人が紹介している方法で、カップに口を付ける前にさり気なく舐めると色移りがふせげるのだとか。

このような方法でリップが落ちるのを防げるので、ぜひ試してみてくださいね。

男性は細かいところも見ています

今回はカフェでのワンシーンを切り取ってご紹介しました。ご紹介した点のほかにも、男性が気にしている点も……。

たとえば、混雑を気にしないや、食器の音を立てるなんてものも男性からはチェックしているといった意見がありました。

普段から意識していれば防げるようなところで、彼をガッカリさせてしまうのはとてももったいないです。

まずはこちらで紹介した3点を意識してみるだけでも男性評価アップを狙えると思います!早速実践してみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む