1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. レンジフードの掃除はウタマロクリーナーにお任せ!掃除方法を写真付きで解説

レンジフードの掃除はウタマロクリーナーにお任せ!掃除方法を写真付きで解説

  • 2021.7.29
  • 8058 views

毎日使うレンジフードですが、掃除が億劫で汚れが溜まっていませんか? これを放っておくと、不衛生なだけではなく火災を引き起こす原因になることもあるんです。 今日は頑固な汚れもよく落ちると評判のウタマロクリーナと100均で手に入る道具を使ったレンジフードの簡単な掃除方法をご紹介します。

レンジフードの汚れの正体は?

レンジフードやその周辺の汚れの正体は油とホコリです。
レンジフードは料理の時に出る水蒸気や煙を吸い込み室外に排出して換気をしますが、その水蒸気や煙には揚げ物をした時の油や肉や魚など食材から出た油も含まれていて、それがレンジフードのフィルターやその周辺に付いてしまいます。

さらにはそこに部屋のホコリもくっついて固まり、あの頑固な汚れとなってしまうんです。

掃除を怠ると汚れがさらに蓄積されてフィルターが詰まり、換気が不十分になります。
それによって臭いや煙が部屋の中に充満してしまうだけではなく、火事の原因になってしまうこともあるのでお掃除は不可欠なのです。

レンジフードの掃除には中性洗剤がおススメ!

しつこい油汚れにはアルカリ性の洗剤を!と思いがちですが、レンジフードの種類や素材によってはアルカリ性の洗剤を使用するとで変質や変色の恐れがあるものもあり注意が必要です。

上の写真のように我が家の換気扇の取り扱い説明書では、お手入れには中性洗剤の使用が推奨されていました。
そこで今回は中性洗剤の中でも頑固な汚れも落としてくれると評判のウタマロクリーナーを使ったレンジフードのお掃除方法をご紹介します。

ウタマロクリーナーを使ったレンジフードの掃除方法

準備するもの


ウタマロクリーナー
古歯ブラシ
水拭き用雑巾
丸めたラップ
おそうじ用手袋(ダイソー購入品)軍手でも代用可能


ウタマロクリーナーは手肌に優しく素手でも使えるのですが、敏感肌の方は念のためにゴム手袋を使ってくださいね。

掃除方法

上の写真は1年ほど掃除をサボってしまった我が家のレンジフードです。
深型やブーツ型と呼ばれるタイプのものとなっています。

フィルターカバーは定期的に交換はしていたものの、全体的に油にホコリが付着して、黒くてツヤツヤだったはずのレンジフードは光沢を失っていますね。
今回はこちらのレンジフードの掃除方法を写真付きでご紹介していきます。
 

1. 電源プラグを抜き、周りを養生する

レンジフードの掃除している時に、ファンが動いてしまったら大変危険です。
事故にもつながりかねませんので必ず電源プラグを抜くなどして電源が入らないようにしましょう。

また、レンジフードの真下にあるガスコンロの上には新聞を敷いておくと、掃除の際に落ちるホコリなどの後片付けが楽ですよ。

2. 取り外せるパーツは外す

フィルターやファンなど、取り外せるパーツは取り外して洗っていきます。
取り外したフィルターカバーには油汚れがびっしりついていましたが、フィルターの方は見た目ではそこまで汚れが気になりませんでした。


こちらのレンジフードはフィルターの他にベルマウス、ファン、ファンを固定するツマミ、レンジフード本体を覆っている前板が取り外し可能でした。
取扱説明書やメーカーのホームページに取り外す際の手順が記載されていますので、確認をしながら安全に取り外しをしましょう。
 

3. フィルターとファンを洗う

シンクの中に取り外したフィルターとファン、ベルマウス、ツマミを置きウタマロクリーナーを全体にスプレーします。

フィルターカバーのお陰であまり汚れていないと思われたフィルターですが、スプレーをした瞬間に泡が茶色くなり、汚れが浮いてきました。
さらに汚れを落としやすくするために、このまま20分程放置します。
 

20分経って汚れが緩んできたら、歯ブラシなどを使って、フィルターのとファンの溝の汚れを擦って落とします。

歯ブラシで擦るだけでファンやフィルターのベタつきと溝の汚れも落ちました!水洗いをしてよくクリーナーを流したら、乾燥させます。

4. 前板を掃除する

前板を掃除していきます。
前板にウタマロクリーナーをスプレーしたら、ラップを丸めたものでクルクルと円を描くようにするとクリーナーをまんべんなくのばすことができます。

水に濡らして絞ったおそうじ手袋をはめて、表面全体を軽く擦って汚れを落とします。

スポンジよりも手袋を使うとこのような溝の汚れも手が届き、きれいにお掃除できますよ。

洗い終わったら、水に濡らして固く絞った雑巾でウタマロクリーナーを拭き取ります。
油とホコリがとれて元のツヤを取り戻しましたね!

5. 本体を掃除する

続いて壁についている本体部分も掃除していきます。
フィルターとフィルターカバーのお陰でそんなには汚れているように見えませんが、内部もベタつきがあります。

高い所を掃除する時は、掃除したい場所に直接クリーナーをスプレーすると飛沫が目に入ることもありますので、お掃除手袋や軍手をはめた手にクリーナーをスプレーしてから掃除をしたほうが安心です。

モーターなど電気系統の部分は避けて、掃除をしていきます。
高い場所や凹凸のある部分も手袋タイプは力も入り、掃除がしやすいですよ。
掃除が終わったら、前板と同じように濡れた雑巾でクリーナーをよく拭き取ります。

掃除完了!

乾かしたファンとフィルターカバーをつけたフィルターを戻します。
油のベタつきもなくなり、ホコリもきれいに取れましたね。

外側も天井が映り込むほどツヤツヤになりました!

レンジフードのキレイを長持ちさせたい!

せっかく汚れをリセットしたレンジフードはキレイを長持ちさせて気持ちよく使いたいですよね。それにはやはり普段からのお手入れがポイントになります。
このリセットお掃除後に私が心掛けているお手入れを3つご紹介します。
 

手が届くところはこまめに拭き掃除をする。

油汚れは冷えると固まって落としにくくなります。
調理後のレンジフード周りがまだ温かいうちに拭き掃除をすることで、汚れを簡単に落とすことができます。

レンジフードカバーを使用し、こまめに交換する。

レンジフードカバーをつけるとカバーが汚れをキャッチしてくれるので、内部が汚れにくくなります。
でも汚れが溜まって目詰まりすると吸気が悪くなり、周りも汚れやすくなるのでのこまめに交換しています。

フィルターやファンの掃除も手定期的に。

年に1度のお手入れだと、汚れも蓄積して掃除が大変になり億劫に感じてしまいます。
定期的に掃除することで1回のお手入れが簡単になり負担を感じなくなります。

まとめ

今回はウタマロクリーナーでレンジフードを掃除する方法をご紹介しました。
ウタマロクリーナーを使うとレンジフードの頑固な油汚れもきれいに落ちて、爽やかなグリーンハーブの香りに癒されながらお掃除ができちゃうのもおススメです。

また、素手でお掃除ができるほど手に優しいのも嬉しいですね。
この手軽さならレンジフードのこまめなお掃除も苦になりませんよ。
ワンコイン以下で購入できる上に、レンジフードだけでなく家中のお掃除に使えるのでぜひ試してみてくださいね。

元記事で読む