1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【2021年7月号】りそな銀行 人気ファンドランキング トップ10

【2021年7月号】りそな銀行 人気ファンドランキング トップ10

  • 2021.7.28
  • 419 views

2021年6月、りそな銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

りそな銀行の6月販売額1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月末時点の純資産残高は1,779億4,800万円で、日経平均株価に連動するインデックスファンドの中では最大規模を誇る。同ファンドは、6月21~25日週の新規流入額が、投資信託全体で8位になった。日経平均株価が6月21日に前営業日比953円安と急落したことを受け、反発を見込んで資金が流入したからだ。「日経225ノーロードオープン」は、日経平均株価が急落すると買いが入る傾向にある。7月以降も株式市場が軟調な局面では、同ファンドに買いが入るだろう。

全体を見て:「りそなラップ型ファンド」が人気

「りそなラップ型ファンド」が、上位に3つランクインしている。「りそなラップ型ファンド」は、世界各国の株式、債券およびリートなど8つの資産に分散投資するファンドだ。運用タイプには、以下の3つがある。

●安定型
目標リターン 短期金利+2%
リスク水準 4.34%

●安定成長型
目標リターン 短期金利+4%
リスク水準 8.74%

●成長型
目標リターン 短期金利+6%
リスク水準 16.19%

運用においては、5年から10年程度の期間における目標リターンを定め、ファンド全体のリスク低減を目指して投資配分を決定。そして、投資配分比率は投資環境に応じて変更する「リスクコントロール型」のファンドである。リスクコントロール型ファンドは通常の環境よりも、マーケットが荒れた状態(ボラティリティが高い)の時に効果を発揮する。7月になってNYダウなどの株価指数は過去最高値を更新しているが、今後、相場環境が悪化した時でも、同ファンドの人気は継続するだろう。

ここに注目:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが2兆円突破

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」が3つランクインしている(Dコース2位、Cコース6位、Bコース8位)。同シリーズは6月30日に純資産残高が2兆円を突破した。1兆円突破からわずか11か月での2兆円乗せとなり、増加ペースが加速している。同シリーズは、持続的な利益成長の可能性が高い、もしくは高い利益成長が望めると判断した米国株式に投資するアクティブファンドである。年2回決算型の「Aコース(為替ヘッジあり)」「Bコース(為替ヘッジなし)」と、毎月決算型の「Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型」、「Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の4つのコースがある。けん引役は「Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」で、6月末時点の純資産残高は1兆470億円 と、1兆円を突破している。Dコースの6月の騰落率(分配金再投資ベース)は6.33%と好調だったので、7月も資金流入が続く可能性は高いだろう。

山下 耕太郎/金融ライター/証券外務員1種

一橋大学経済学部卒業後、証券会社でマーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。ツイッター@yanta2011

元記事で読む