1. トップ
  2. ファッション
  3. 夏なら簡単にマネできる!「大人のモテ配色コーデ」10選

夏なら簡単にマネできる!「大人のモテ配色コーデ」10選

  • 2021.7.27
  • 18014 views

ピンクにイエロー、ブルー、レッドやオレンジ、グリーン…。この夏はさまざまな“キレイな色”が大流行中です。せっかく挑戦するなら、美人見えする配色にするのはいかがでしょう。鉄板のベーシックカラーと合わせた「優勝」できる組合せをご提案します。

1.グレーと合わせるとオシャレ見えする3色

モダンに仕上がるくすんだキレイ色は、×グレーで“優しげ美人”に

❶グレー×淡いピンク
品よく輝くグレーのブラウスに甘いピンクで大人の余韻を漂わせて

フェミニンなカラーは、ハンサムなアイテムのものを、カッコいい印象のカラーは女性ならではのアイテムをセレクトすることで、コーディネートが大人っぽく。可愛らしいものが好きな人が、マニッシュにしたいときにも。ブラウス¥6,990(PLST)パンツ¥13,500(ノーク)バッグ¥42,900(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ銀座店)サンダル¥8,690(マミアン/マミアンカスタマーセンター)ネックレス¥132,000(マリハ)カチューシャ¥17,600(アレクサンドル ドゥ パリ/アレクサンドル ドゥ パリGINZA SIX店)

❷グレー×淡いグリーン
ハンサムさと柔らかさを両立するスモーキーなミントグリーン
甘い雰囲気のアイテムを取り入れるのが苦手な人は、カッコいい印象のグレーデニムと合わせると意外にしっくり。デニムは、色落ちしてあるようなデザインをセレクトすると、コーディネートが微糖に仕上がります。ニット¥7,920(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)パンツ¥25,300(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥12,400(バナナ・リパブリック)サンダル¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)イヤリング¥13,200(ヴァンドームブティック/ヴァンドームブティック銀座三越店)バングル¥59,400(ココシュニック)

❸グレー×淡いブルー
マニッシュなダークグレーに淡いブルーをプラスしてまろやかに

キレイ色に初挑戦という人にもおすすめのコーディネート。カッコいい印象のダークグレーの面積を多めにすることで、甘い印象がぐんと軽減されます。清潔感のある淡いブルーは、さっと羽織れるアイテムなので、冷房対策にはもちろん、オンラインミーティングなどでも大活躍。カーディガン¥15,400(ソーノ/ミラク)ワンピース¥11,000(PLST)バッグ¥79,200(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)サンダル¥24,200(ツル バイ マリコ オイ カワ)イヤカフ¥19,800(ココシュニック)

2.白と組み合わせるのが旬の3色

チアフルなカラーは“ホワイト”を軸にすれば品よくまとまる

❶ホワイト×オレンジ
定番の“ホワイト”コーディネートをオレンジのスカートで刷新
トレンドのティアードスカートは、可愛らしさが強く出がちなアイテム。あえて強い色をセレクトすることで、スタイリッシュな雰囲気に。Tシャツ¥11,000(フロム)スカート¥9,900(Mila Owen)バッグ¥17,600(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)サンダル¥19,800(オゥバニスター/アバハウスインターナショナル オンラインストア)帽子¥8,910(C4LA/CA4LAプレスルーム)イヤリング¥11,550(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店)ブレスレット¥29,700(ココシュニック)

❷ホワイト×グリーン
濃度の高いグリーンはホワイトと合わせることで大人のムードに
シャツ¥25,300(ザ ライブラリー/ザ ライブラリー表参道店)Tシャツ¥15,400(någonstans)パンツ¥24,200(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 青山店)バッグ¥36,300(アラナズ/エルディスト)サンダル¥17,600(ピシェ アバハウス/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店)サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ピアス¥23,650(インツーデザイン/ZUTTOHOLIC)ブレスレット¥9,350(イン ムード/フォーティーン ショールーム)

❸ホワイト×ブルー
夏らしいきちんと感を宿してくれるロイヤルブルーとホワイト
鮮やかな色が主役のスタイリングながら、糖度は控えめに仕上がるのがロイヤルブルーのいいところ。センタープレスパンツと合わせることで、きちんとした場面でも自信を持てるはず。旬のカチューシャもトゥーマッチにならないのが嬉しい。ニット¥15,400(アルアバイル)パンツ¥8,690(オリヒカ/オリヒカ池袋東口店)バッグ¥59,400(FURLA/FURLA JAPAN)サンダル¥28,600(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)カチューシャ¥7,480(CA4LA/CA4LAプレスルーム)ネックレス¥33,000(マリハ)

3.ベージュやブラウンの茶系と相性のいい4色

それ一色でも女らしい!2大ベーシックカラーと合わせて色っぽく

❶ベージュ×ピンク
主張のあるピンクをヘルシーに仕上げるグレイッシュベージュ

年齢を重ねても惹かれるパッションピンク。グレイッシュなベージュと合わせることで、鮮烈な色がさらりと日常になじみます。足元はサンダルでヌケ感を出して、フレアスカートをよりリラクシィに。ニット¥23,100 カーディガン¥34,100(ともにスローン)スカート¥31,900(サクラ/インターリブ)バッグ¥28,600(メゾン エヌアッシュ パリ/カレンソロジー 青山)サンダル¥44,000(ロランス/ザ・グランドインク)ネックレス¥16,500(ヴァンドームブティック/ヴァンドームブティック銀座三越店)ピアス¥7,700(アビステ)

❷ベージュ×オレンジ
いつもの着こなしをビタミンオレンジで今季らしく
体のラインがほどよく出るリブニットにタイトスカートは、女性らしさが全面に出る着こなし。定番のコーデだからこそ、あえてパッと目につく色を取り入れて、今夏らしいスタイルに刷新。オレンジなら浮かずに華やかな印象に。ニット¥18,700(ANAYI)スカート¥38,500(THIRD MAGAZINE)バッグ¥35,200(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥26,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)イヤリング¥12,100(マージョリー・ベア/ココシュニック有楽町マルイ店)

❸ベージュ×レッド
トマトレッドのブラウスとベージュのショーパンで奏でるヘルシーコーデ
鮮やかなトマトレッドもハリ素材のブラウスで取り入れることで、キリリとしたきちんとさが。また、ベージュのショーパンに合わせることで、今季らしいリラックス感とどこかモードな雰囲気のある着こなしが叶います。ブラウス¥15,400(アンダーソン アンダーソン/UNDERSON UNDERSONニュウマン新宿店)パンツ¥16,500(ルーニィ)バッグ¥14,300(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)サンダル¥8,690(マミアン/マミアン カスタマーサポート)イヤリング¥9,720(アビステ)ネックレス¥29,700(ココシュニック)

❹ブラウン×イエロー
ブラウンにレモン色を重ねてクールなのにどこか女っぽく

いわゆる“キレイ色”を着ることが苦手という人にとくにおすすめなのが、この配色。ボトムスで色物を取り入れることで、よりさらりと着こなせます。トップス¥9,790(SNIDEL) パンツ¥5,390(Elura/アダストリアカスタマーサービス)バッグ¥162,800(J &Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)ストール¥30,250(アソースメレ/アイネックス)サンダル¥19,800(ルル・ウィルビー/アルアバイル)ピアス¥13,310(ヴィヴ&イングリット/ZUTTOHOLIC)バングル¥26,400(アルティーダ ウード)

撮影/佐藤航嗣(UM)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/堀田 茜 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini.)スタイリング/児嶋里美 取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む