1. トップ
  2. ファッション
  3. 【スタイリストの私物】|「かえがきかない」長年愛用しているアイテム

【スタイリストの私物】|「かえがきかない」長年愛用しているアイテム

  • 2021.7.25
  • 5378 views

「かえの利かない」
愛用している黒アイテム
スタイリスト5人に長年愛用している私物を調査したところ、集まったのはほぼ黒のアイテム。もっともシンプルで、シーンレスに使える色=黒の中で「コレがいい!」とプロが考え抜いて選んだ唯一無二の黒アイテムとは? 
※価格表示のないものはすべて私物です。

【画像一覧】スタイリスト愛用の「かえがきかない黒」

01. MADISONBLUE


体をキレイに見せてくれるのは「夏のニット」!
夏なのにニット、ニットなのに半そでという”違和感”をシンプル以上のポイントと捉えて。ニットのしなやかな落ち感と高めの腰位置によりスタイルUPもかないます。(岩田槙子さん)

02. MARNI


ポイントづけに有効なひかえめスタッズ
スタイリングのもの足りなさをほどよく埋めてくれる。辛口な見た目に反してやわらかなレザー&フラットだから気どって見えず、ヘビーユースしています。(岩田槙子さん)

03.BOTTEGA VENETA 


「よそいき顔」にもなる上質なレザー
くたっとした質感でカジュアルな服とも相性のいい、最近のスタメン。ミニマルな中に少しスパイスが効いていて、コーディネートの仕上げにとり入れれば、ふだん着にも自信が持てます。(高木千智さん)

04. Cartier


メンズっぽいけど上品な長年の定番
何年も前に購入したカルティエのウォッチはあせない私の定番。丸いフェイスや文字盤のデザイン、黒のベルトと、メンズライクなたたずまいで、カジュアルな服装にも合わせやすい。(渡邉恵子さん)

05. AKIRANAKA


即モードな見た目がかなうワイドシルエット
黒パンツ 60,500円/AKIRANAKA(ハルミ ショールーム) 無地ですが、迫力のあるワイドシルエットはある意味「派手」。シンプルなトップスに合わせてモードっぽく。(樋口かほりさん)

06. Hermes


パンプス的な締め役を果たす「細身の黒」
「パンプスほど気張らず、スニーカーほど気楽じゃない」ローファーは、私にとって欠かせないスタンダード。どんなパンツともバランスのとりやすい、やや細身のシルエットが選択基準です。(樋口かほりさん)

07. THE ROW


ミニマルな外見ながら「気が利いている」
甲深のラインや先に向かって細くなるシルエットと、細かなところの配慮が絶妙で、フラットなのに脚をほっそり見せられます。インソールが入っているので、長時間歩いても疲れにくい。(高木千智さん)

08. JIL SANDER


服の邪魔をしないシンプルな大きめトート
たくさん荷物が入るのに、ほっこりしない角ばった形がお気に入り。服のじゃまをしない見た目なので、サブバッグ的に使うこともあります。コットン製のトートバッグよりきちんと感が出る。(樋口かほりさん)

09. G.BINSKY


大人がつけても派手じゃない「陶器のピアス」
珍しさに惹かれて数年前に購入。顔まわりだと主張しがちな黒も、デリケートな陶器なら品があって大人っぽい。バッグや靴の黒だと重いと感じるとき、イヤーアクセという選択肢もいい。(岩田槙子さん)

10. KIJIMA TAKAYUKI


ハットメーカーならではの美しい形
試着してしっくりきた帽子のラベルを見ると、「キジマ タカユキ」であることが多々あり。計算しつくされたシルエットとツバの長さにより、コーディネートに適度な奥行きを足せる名品。(渡邉恵子さん)

11. Manolo Blahnik


流行や気分に左右されない「スタンダードな黒」
ドレスアップする日もカジュアルな装いの日も使える黒のパンプスは、一生大切にはこうと「マノロ ブラニク」で購入。ヒールのシルエット、甲のカッティングとどこをとっても美しい。(渡邉恵子さん)

12. CINOH


ドロストパンツのイメージが変わった逸品
センタープレスによる立体感とほのかな光沢のおかげで、気楽なイメージの強いドロストパンツもキレイめに穿けます。(出口奈津子さん)

COLUMN
「バッグの中も黒がいい」
好きなものに囲まれていたいからこそ、こだわりは服だけではなくバッグの中にまで及ぶ。スタイリストのカバンの中身を拝見。


WALLET / Chloe
使いやすく摩耗しない質の良さ
汚れが目立ちにくいところも黒の長所。領収書を収容できる前ポケットつきで便利です。(渡邉恵子さん)


LIP CREAM / CHANEL
シンプルに徹するために
シャネルのリップは、マットなパッケージに惹かれてメンズをチョイス。(樋口かほりさん)


SUNGLASSES / Persol
ユニセックスで使えるから
夫と共用しているサングラスは、折りたたんで収納できて実用的。性別もテイストも選ばないデザインです。(岩田槙子さん)


HAIR BAND / Jennifer Ouellette
甘くない存在感のある黒リボン
バッグの中で迷子にならない存在感が決め手に。ガーリーなリボンじゃないので、辛口派の私もつけやすい。(高木千智さん)

STYLIST MEMBER


渡邉恵子さん
「カジュアルなのに女っぽい」「キレイなのに抜けもある」、絶妙なさじ加減のセレクトと合わせ技に定評あり。


樋口かほりさん
肩の力を抜いて着られる、シンプルカジュアルなスタイリングが人気。リアリティのあるアイテム選びは必見。


岩田槙子さん
まじめにもモードにも転ぶ、柔軟性の高いキレイめスタイルが鉄板。大人も使いやすい旬アイテムの提案にも注目。


出口奈津子さん
GISELeでは定番服を比較する企画を担当することも多く「使えるブランド」を熟知。遊びある小物づかいも得意。


高木千智さん
キレのあるハンサムな装いが得意。自身もメンズ服をとり入れることが多く、シンプル服のこなし方を心得ている。

元記事で読む