1. トップ
  2. お仕事
  3. 働きながら取得できる資格って?おススメの資格とその勉強法

働きながら取得できる資格って?おススメの資格とその勉強法

  • 2021.7.25
  • 42596 views

「今は仕事があるけど、このまま何もしないでいいのかな?」 ふと、不安になるときがありますよね。 変化する社会に振り落とされずに働き続けるには、スキルアップが不可欠です。 そこで今回は、働きながら取得できるおススメの資格と勉強法を紹介します。

秘書検定

秘書検定とは、社会に必要な礼儀やマナーの獲得が目的の試験です。 「秘書」と名前がついていますが、社会に出るうえで全ての人に役立つ知識が学べます。 具体例をいくつかあげましょう。 ・電話対応、来客対応のマナー ・敬語、謙譲語など正しい日本語 ・ビジネスマナー全般 ・ビジネス文書作成等の知識 勉強するだけでも社会人スキルがアップします。 2級、3級は筆記試験のみなので、参考書や秘書検定勉強アプリを利用した独学で取得が可能です。 準1級や1級は面接試験もあるため、独学が難しければ通信教育等を検討すると良いでしょう。

TOEIC

英語が好きならば、TOEICでハイスコアを目指すのもおススメです。 高いスコアを持っていれば就職や転職にも役立ちます。 TOEIC関連の参考書は多数あるので、目指すスコアに合わせたものを選んで独学することが可能です。 独学で限界を感じるならば、オンラインを含む英会話教室やスタディサプリの利用を検討しましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

通称MOSは、ワードやエクセルなどオフィスソフトの検定試験。 パソコンで仕事をする人はもちろん、家にパソコンがある人にもおススメの資格です。 MOSにはさまざまな検定試験がありますが、最も使用頻度が高く操作を覚えると便利なエクセルから始めましょう。 一般レベルと上級レベル(エキスパート)があります。 MOS試験用の参考書があるので、まずは独学でチャレンジするのが、コスパが高い方法です。 「独学では難しい」「お金をかけても大丈夫だからしっかり学びたい」という場合は、パソコンスクールが良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー

通称FPは、家計にまつわる知識の資格です。 ローンや金融関係、保険や年金など、人生に関わるお金のスペシャリスト。 資格を取得すると就職に活用できるだけではなく、自分の人生にとても役立ちます。 ファイナンシャルプランナー2級は、認定講座で勉強することで実務経験がなくても取得可能です。 日本FP協会が認定している教育機関の通信講座を受講するのが、最も手っ取り早い方法です。 なお、1級は実務経験が必須となります。

資格取得は将来設計と共に考えよう!

資格取得を目標に勉強するなら、自分に役立つジャンルを選びましょう。 せっかく資格取得しても使う機会がなければ、知識が薄れてしまいます。 将来設計を考えながら、何を学ぶべきか決めてくださいね。 (liBae編集部)

元記事で読む