1. トップ
  2. 注目俳優ソン・ジュンギの新作で実現する12年ぶりの再会!!そのお相手とは…

注目俳優ソン・ジュンギの新作で実現する12年ぶりの再会!!そのお相手とは…

  • 2021.7.24
  • 20435 views

話題作の『ヴィンチェンツォ』で見事なダークヒーローを演じたソン・ジュンギは、今や次回作が一番期待されている俳優だ。

そんな彼は時間をかけて次の作品をじっくり選ぶと思われたが、早くもJTBCの新しいドラマ『財閥家の末息子』(原題)の主演が確定した。

このドラマは、同名のウェブ漫画が原作になっているが、タイトルからもわかるように、財閥一族の様々な葛藤を描いている。

果たしてどんな内容になるのだろうか。

設定は本当に奇想天外だ。そして、登場するのも不思議な人物だ。その男は、長く財閥一家に忠誠を尽くしてきた秘書のユン・ヒョヌなのだが、なんと、横領の罪を着せられて殺害されてしまう。そんなみじめな男が一転して、財閥の末息子であるチン・ドジュンに生まれ変わっていく。そのうえで、想像を絶するような新しい人生を送るようになるのだ。

ソン・ジュンギ
新しいキャラクターにどう挑むか

こうした波乱万丈のストーリーをまとめていく脚本家が、実力者のキム・テヒ作家だ。この人はかつて『トキメキ☆成均館スキャンダル』も書いている。

もちろん、『トキメキ☆成均館スキャンダル』といえば、ソン・ジュンギも出演していた。彼が扮したのは、金持ちの家に生まれた御曹司で学校一番のプレイボーイだったク・ヨンハだった。こんな遊び人のキャラクターをソン・ジュンギは柔らかい感性で演じきって、主役のユチョンやユ・アインに負けないほどの存在感を発揮していた。

その演技が好評を博してソン・ジュンギの名前は韓国ドラマ界でもキラリと光るようになった。いわば彼にとって『トキメキ☆成均館スキャンダル』は出世作であり、そのドラマの脚本を書いていたのがキム・テヒ作家だったのである。

そうした縁がある人とソン・ジュンギは再び組むことになった。

放送予定は2022年になっている。ソン・ジュンギが新しいキャラクターにどう挑むのか。大いに注目したい。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

元記事で読む
の記事をもっとみる