1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「幸せになってね...」好きなのに別れを告げる男性心理

「幸せになってね...」好きなのに別れを告げる男性心理

  • 2021.7.24
  • 3769 views

恋人との別れはとても辛いものです。
とくに好きな気持ちがあるまま別れた場合は、もう立ち直れないと思うくらい悲しいですよね。
今回は、好きなのに別れを告げる男性心理をご紹介します。

恋人としての好きじゃないことに気づいた

恋人としての好きや友達や家族への好き、人間として好きなど「好き」な気持ちにはいくつか種類がありますよね。
付き合っていく中で彼女に対する気持ちが恋人としての好きではなく、人間として好きだと気づいたとき、別れを決意するようです。
この場合、彼女からすると「仲良く付き合っていたのにどうして?」という気持ちが強く、悲しみが大きくなってしまうかもしれません。

会えないことで彼女を悲しませたくない

仕事などで忙しく、彼女に会いたいのに会えない。
さらに彼女が寂しそうにしているのを察知すると、どうすればいいのかわからなくなります。
会えないことで彼女を悲しませるくらいなら、いっそ自分は身を引こうと考える男性もいるようです。
彼女が自分と付き合うことで悲しい思いをさせてしまうなら、別れたほうがいいと考えるのかもしれませんね。

恋愛をする余裕がなくなった

仕事の異動や資格の勉強など、恋愛以外のことで忙しく、恋愛をする余裕がなくなったときも男性は別れを決意するようです。
自分は彼氏としての務めを果たせないと考えるのでしょう。
責任感の強い男性ほど、この理由で別れを告げてくる可能性があります。

彼女を幸せにできるのは自分ではないと思った

何かに挫折して落ち込んでいるとき、彼女を幸せにできるのは自分ではないと思うようです。
また、他の男性と楽しそうにしている彼女を目の当たりにしたときも、彼女にふさわしいのは自分ではないと考えます。
自分に自信がないときに、ネガティブになり彼女に別れを告げることがあるようです。




今回は、好きなのに別れを告げる男性心理をご紹介しました。
辛い別れのあとには新しい出会いが待っています。
もし彼に別れを告げられて悲しんでいる方がいたら、新たな出会いの訪れを期待しましょう。
前向きな気持ちで日々を過ごしていれば、いい出会いに恵まれるかもしれません。



元記事で読む