1. トップ
  2. メイク
  3. アイライナーの引き方変えたら垢抜ける♡リキッドアイライナーの今っぽな引き方3選

アイライナーの引き方変えたら垢抜ける♡リキッドアイライナーの今っぽな引き方3選

  • 2021.7.24
  • 83673 views

コスメコンシェルジュ ・パーソナルカラーアナリストのIkueです。メイクの中でも特に力を入れてするのはアイメイクという方が多いのではないでしょうか?アイメイクの中でもアイライナーの引き方って難しくないですか?今回はただ引くだけじゃない!アイライナーで垢抜ける引き方をご紹介します。

ナチュラルに仕上げたい時の引き方

アイライナーを引くときつい印象に見られてしまう…そう思うことがある人もいると思います。アイライナーは引き方次第で印象をキツく見せたり優しく見せたりすることができます。

自然に目を大きく見せるにするポイントは2つあります。

①まつ毛を埋めるように引いていく

自然な目元に見せるのに重要なのはまつ毛の間を埋めるようにアイライナーを引いていくこと。まつ毛の上にアイラインを引く方が多いのですが、上に引くことでアイラインが目立ちナチュラルに見えなくなります。

ナチュラルに目力をアップするには、ちょっとだけまぶたを上にあげてまつ毛とまつ毛の間を埋めるように引いてみましょう!

②目尻にアイラインを引かない

ナチュラルにしたい時はまつ毛を埋めるように引き、目尻にはあえてアイラインを引かないという方法があります。

目尻に伸びるアイラインがあるとそれだけで違和感を感じる方もいるので、その時は無理に目尻を引かなくてもOKです!

キリッとした印象にしたい時の引き方

今日はちょっとキリッとクールな印象に見せたい…そんな時もアイライナーの引き方を変えてみましょう。

目尻だけ太めのアイラインで切長に見せるのがおすすめです。

目尻だけちょっと太くしてあげることで、目を切長に見せる効果があるんです。太さはプラス1mm程度で大丈夫です。あまり太すぎると違和感が出てしまうので注意しましょう。

目尻の描き方方でも印象が変わります。よりクールに寄せるなら跳ね上げ気味にすると良いですよ。

優しい印象に見せたい時の引き方

優しい目元に見せたいときはアイラインも柔らかい印象に見えるようにします。

太さはできるだけ細めに・まつ毛から流れるようにそのままスッと目尻を引きます。

色はブラックを使うとしっかり強い目元に見えるので、ブラウンやグレーなど肌馴染みの良いものを選んでみましょう。

垢抜けるアイラインの引き方、いかがでしたか?何気なくアイラインを引いている方が多いと思いますが、ちょっと引き方を変えるだけで印象が変わるので驚きですよね!

明日のメイクからぜひ試してみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる