1. トップ
  2. レシピ
  3. となりの5分メシ vol.61 キヌアのヴィーガン・タブレサラダ

となりの5分メシ vol.61 キヌアのヴィーガン・タブレサラダ

  • 2021.7.23
  • 450 views

なにか作って食べたいけど、時間もないし、めんどくさい。そんな忙しい毎日を頑張るレディへ、永久保存版の楽ちんレシピをお届けします。
前回の一品…緑黄色野菜のひんやり回復スープ


〜本日の先生〜

山口亜美さん

Wellness Self-Care Club” 主宰。ペスカタリアン(魚介類を食べる菜食主義者)歴15年。「東洋医学に基づき、野菜を中心とした季節のレシピや、自然のサイクルに沿ったセルフケア情報などを発信しています」。


〜本日の一品〜

『キヌアとパセリのヴィーガン・タブレサラダ』

「穀物の母」と呼ばれる “キヌア”は、その小さな一粒に含まれる栄養価とタンパク質の高さ、かつ低糖質で大ブームを巻き起こしているスーパーフード。今回はパセリと組み合わせて、タブレサラダにしていただきましょう。

〜材料とつくりかた〜


2〜3人分
・キヌア…1/2カップ
・パセリ…1束
・トマト…1個
・キュウリ…1本
・レモン汁…1/2個分
・オリーブオイル…大さじ1
・リンゴ酢…大さじ1/2
・にんにく…1/2かけ
・塩…小さじ1
・コショウ…少々
・ミント(飾り用)…おこのみで

①水洗いしたキヌアを鍋で軽く炒り、水(キヌアの量に対して1.5倍)を加えて沸騰させ、蓋をして弱火で15分ほど炊く。炊き上がったら少し蒸らし、ボウルに移して冷ます。その間にパセリはみじん切り、トマトとキュウリは小さめの角切りに、にんにくはみじん切りにする。

②完全に冷めたキヌアと野菜類をボウルに入れ、調味料をすべて加える。

③具材を混ぜ合わせて盛り付ける。おこのみで飾りにミントを添える。

<ひと口ごはんメモ> “Wellness Self-Care Club”の最新レシピ、パプリカとシラスの和風マリネ。シラスの代わりにひまわりの種やナッツ類を和えてアレンジしてみても美味しかったです。是非チェックしてみてください。

完成!

「海外のヴィーガンレストランで食べたレシピを再現してみました。タブレサラダはデトックスにも最適で、身体の巡りが停滞しやすい夏にぴったり。ビタミンCやカルシウム、鉄分、食物繊維などがしっかりと摂れる一品です」。
一度にたくさん作り置きして、普段のご飯にプラスして栄養補給するのも◎。
亜美先生、ありがとうございました!

次回レシピを教えてくれるのは、芳須由紀子さんです!お楽しみに。

元記事で読む