1. トップ
  2. ファッション
  3. 【札幌駅】もっと気軽に浴衣!リサイクルきもの和ものや傳パセオ店OPEN

【札幌駅】もっと気軽に浴衣!リサイクルきもの和ものや傳パセオ店OPEN

  • 2021.7.23
  • 362 views

いよいよ夏本番ですね! 「夏ならではの楽しみ」として連想されるのは、海水浴・かき氷・花火など人それぞれだと思いますが、とりわけ「夏限定の」となると、なんといっても「浴衣(ゆかた)を着てお出かけ」が、特に女性の皆さんはうなずけるのでは?

ですが、花火大会をはじめ、夏のイベントが昨年にひき続き全国的に激減しているので、以前に比べて、浴衣を着る機会は少なくなっているのではないでしょうか。それでも、せっかくの夏、やっぱり浴衣を着て楽しみたいものです。

とはいえ、浴衣が欲しいけれど呉服店は高級そうでなんとなく入りづらい…と躊躇する(私も含めて)方は多いと思います。そんな時、気軽に利用できるリサイクル着物を取り扱っているお店が、先月6月25日(金)にJR札幌駅地下ショッピングモールにオープンしました。リサイクルきもの和ものや傳(でん)パセオ店です。

エキチカなので立ち寄りやすい!

リサイクルきもの和ものや傳がある場所は、JR札幌駅地下ショッピングモール「パセオ」の、「パセオ CENTER」というエリア内です。

出典:リビング札幌Web

入り口は2箇所ありますが、隣に玄米関連と自然食品のお店がある側の入り口から入るのが近道です。エキチカなので、ふらりと気軽に立ち寄りやすいのが嬉しい。

出典:リビング札幌Web
新品もある数々の浴衣

やはりシーズン真っ只中なので、お店でまず目に入る場所に浴衣がありました。仕立て上がりがハンガーにかかっていて、すぐに着られるのがリサイクル品の良いところ。リサイクル品といっても、古びた感じは無く、とても状態の良いものが揃っています。

そして、店名は「リサイクルきもの」とありますが、中には新品もあるそうです。買い取り状況によって浴衣の品揃えは日々変化するとのことなので、頻繁に店内をチェックしたくなります。洋服のように気軽にゆっくり選べる雰囲気の店内です。

出典:リビング札幌Web

この日は7月25日(日)までのバーゲン中でした。

出典:リビング札幌Web
半幅帯

浴衣といえば、半幅帯が定番。いろいろ並んでいます。これ!と思った浴衣にあれこれ当ててみて迷うのも楽しそう。

出典:リビング札幌Web

どれもほぼ3000円前後と手頃な価格でした。

根強い人気の…

何度かのブームを経て、近頃再び注目されているアンティーク着物もあります。お店のスタッフによると、和ものや傳でも根強い人気だそうです。実は私もアンティーク着物に憧れているのですが、まだ持ってはいません。いつか着てみたいなぁ…。

出典:リビング札幌Web

アンティーク着物のコーナーで私の目にとまった着物(帯はアンティークではありません。)

出典:リビング札幌Web

他にも下駄や、浴衣に似合う袋ものなどもあり、浴衣に限らず着物でお出かけの一式が揃っています。 店内には試着スペースがあり、大きな鏡の前で試着中の人がいました。お店のスタッフが着付けをしてくれるので、気になる浴衣・着物があったら必ず試着してみることをおすすめします。洋服と違い、ハンガーに吊るしてあるのを見るだけでは自分に合うサイズなのか判断が難しいので…。

もっと浴衣で出かけたい!

ところで、上の写真の下駄・草履の棚に、小型のパンフレットのようなものがあるのが目に留まりました。スタッフの方に尋ねてみたところ、「おたる浴衣おさんぽPASSPORT(パスポート)」というもので、2021年8月31日までの間、浴衣または着物を着て小樽(JR札幌駅から快速エアポートで約32分)に行き、堺町通り商店街(小樽駅から徒歩10分)の提携店舗でこのパスポートを提示すると、いろいろな特典が受けられるのだそうです。

その内容は、お菓子のプレゼント・ガラスの根付制作体験の料金割引・人力車乗車時の限定特別プランがある等、魅力的なものばかりなのです!私は勿論、ゲットしました! 和ものや傳で希望すればこのパスポートは無料で貰うことができます。

憧れの着物生活

実は正直、「今年の夏は浴衣を一回着ればいいか…。」なんて思っていた私でしたが、ここ、リサイクルきもの和ものや傳で、「よし!もっと浴衣を着て出かけよう!」という意欲がわいてきました。そして、できれば夏の着物も着たいな〜。(着られるのは8月までなので…。)

出典:リビング札幌Web

夏の着物は、着られる期間が短い為、リサイクル店ではない呉服店で誂えるのは、どうしても二の足を踏んでしまいます。(私の場合。)

和ものや傳の店内には、夏の着物や帯も、目立つ棚に陳列されていました。気軽に立ち寄れるエキチカにオープンしたことで、四季を通して頻繁に着物で過ごすという私の「憧れの着物生活」が、ぐっと現実に近づいてきたような予感がして、嬉しくなりました。

浴衣は勿論、着物について堅苦しいイメージをもっている人にもぜひお薦めしたい、「リサイクルきもの和ものや傳パセオ店」でした。

リサイクルきもの 和ものや傅(リサイクルキモノワモノヤデン 住所 札幌市北区北6条西2丁目 札幌駅直結 パセオ センターB1F TEL 011-213-5487 営業時間 10:00〜21:00(パセオに準ずる) 休日 パセオ営業日に準ずる 駐車場 あり URL https://www.hana-wakou.co.jp/wamonoya_den/

元記事で読む