1. トップ
  2. レシピ
  3. 【夏休みはコレで乗り切る!】すぐ完成◎ストック必至な「無印のお昼ごはん」

【夏休みはコレで乗り切る!】すぐ完成◎ストック必至な「無印のお昼ごはん」

  • 2021.7.23
  • 7130 views

お子様の夏休み期間中、頭を悩ませるのは「お昼ごはん」ではないでしょうか? 普段は給食やお弁当で済ませられますが、夏休み中はそうもいきません。 そこで今回は、ランチ作りの手間を増やさない方法をご提案。 無印のアイテムを使って、お昼ごはんをパパッと作っちゃいましょう!

(1)辛くないスパイシーチキンカレー

唐辛子を使わず、12種類のスパイスで煮込んだカレー。 シナモンやナツメグなど、風味豊かで複雑な香りが広がりますが、辛さがないため食べやすい仕上がりです。 ゴロッと入った鶏肉は、豊かな旨味とコクがたっぷり味わえます。 小さなお子様や辛いものが苦手な方でも、美味しく召し上がれること間違いなしです。 温めるだけの簡単調理なので、忙しい夏休み期間に大活躍してくれるでしょう。

(2)鶏肉とほうれん草のハンバーグ

ハンバーグを手作りするのは工程が多くて手間がかかるもの……。 無印のハンバーグは、チンするだけの冷凍食品なので、毎日のおかずにオススメです。 肝心の味わいは、鶏肉のあっさりした旨味と玉ねぎのコクがしっかり感じられる仕上がり。 クセがないので、何個でも食べたくなっちゃいます。 ほうれん草入りで、栄養面のフォローもバッチリですね。

(3)食べるスープ 4種野菜のみそブロススープ

不足しがちな野菜をしっかり摂取できる、食べるスープ。 枝豆、赤ピーマン、ほうれん草など4種類の野菜の煮汁と味噌を合わせた、旨味あふれる1品です。 具材たっぷりで味わいが濃厚なので、これだけでご飯やパンのおかずにもなります。 お湯を注ぐだけなので、忙しい日の朝食やランチにもオススメです。 1食作る手間はかなりのもの。 夏休み期間中だけとはいえ、毎日きちんとお昼ごはんを作るのは大変な労力がかかります。 無印のアイテムを駆使すれば、労力はかなり削減できるはず。 お昼ごはんは時短かつお手軽に乗り切っちゃうのがベストですよ! (恋愛jp編集部) ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※こちらの記事では@mujico625様、@kh_muji様のSNS投稿をご紹介しております。 ※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。 2021年7月15日現在

元記事で読む