1. トップ
  2. ファッション
  3. Tシャツとブラウス「頑張らない大人の、ゆるカジュアルコーデ」4選

Tシャツとブラウス「頑張らない大人の、ゆるカジュアルコーデ」4選

  • 2021.7.22
  • 2442 views

暑い夏、できれば「オシャレを頑張りたくない」のが本音。ヘビロテするTシャツとブラウスを主役に、ワンツーコーデのバリエーションを増やしておきたいもの。ちょっとしたコツで今っぽい印象に仕上げる“今年の正解”がココにあります!

Tシャツ派の定番コーデ

どこか甘さや柔らかさのあるボトムスで女っぽい着こなしを目指して

ニュアンスカラーTシャツ×ティアードスカート
夏の相棒Tシャツを女らしく可愛く見せるティアードスカート

Tシャツをただカジュアルに着るだけじゃ、つまらない。気分のアガるピンクのTシャツや揺れるティアードスカートが日常をドラマチックに。Tシャツ¥9,350(スローン)スカート¥38,500〈カレンソロジー〉帽子¥13,200〈フェルッチョ ヴェッキ〉(ともにカレンソロジー 新宿)バッグ¥83,600(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サンダル¥28,600(ファビオ ルスコーニ/ハイブリッジ インターナショナル)ネックレス¥23,870(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)バングル¥41,250(ノース ワークス/UTS PR)

フォトTシャツ×フレアスカート
カジュアルの代名詞フォトTをキレイ色のフレアスカートで女っぽく

女っぽさと遊び心をMIXした気取らなさが今っぽさのカギ。Tシャツ¥9,790(ティッカ×ルージュ・ヴィフ/アバハウスインターナショナル オンラインストア)スカート¥29,700(マリハ)ストール¥30,250(アソース メレ/アイネックス)サングラス¥37,400(モスコット/モスコット トウキョウ)ターコイズネックレス¥19,228(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)シルバーネックレス¥69,300(アルポ/ZUTTOHOLIC)バングル¥37,500(ノース ワークス/UTS PR)バッグ¥53,000(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)サンダル¥14,080(ビクトール/WASH ルミネ横浜店)

ブラウス派の定番コーデ

甘いディテールを大人っぽく仕上げるハンサム系ボトムスが相性◎

ギャザーブラウス×カーゴパンツ
甘めギャザーブラウスをカーゴパンツで自分らしくカジュアルダウン
今季トレンドのほんのりシアーなギャザーブラウスもVネックなら大人な印象に。メンズライクなワイドカーゴパンツやラフなカゴバッグを添えて、夏のヘルシーさを楽しもう。ブラウス¥19,800(カレンソロジー/カレンソロジー 新宿)パンツ¥45,100(マディソンブルー)バッグ¥52,800(ラドロー/ラドロー オンラインストア)サンダル¥48,400(ネブローニ/アルアバイル)ネックレス¥21,340〈エムシースタジオ〉ブレスレット¥26,290〈ベンアムン〉(ともにZUTTOHOLIC)コインネックレス¥25,300(マリハ)

ボリュームスリーブブラウス×黒スキニー
ふんわりボリューム袖とモードな黒スキニーでハッと目を引くバランスに

今季、CLASSY.で多数使用された優勝ブラウスNo.1との呼び声が高い1枚。たっぷりと膨らむほど、ロマンチックで今っぽいボリューム袖ブラウス。モードな黒スキニーとなら、子供っぽさとは無縁に。カッコよさはもちろん、華奢見えも実現します。ブラウス¥19,800(カデュネ/カデュネ プレスルーム)パンツ¥23,100(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)バッグ¥40,700(ヴァジック/ヴァジックジャパン)サンダル¥13,750(AKTE)ピアス¥49,500 リング¥39,600(ともにルフェール/UTS PR)

撮影/渡辺謙太郎〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/平沼洋美 取材/横山理恵 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む
の記事をもっとみる