1. トップ
  2. スキンケア
  3. 真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選

真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選

  • 2021.7.22
  • 2971 views

みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省いたり、途中で暑さを我慢できなくなってきちんと乾かさなかったりすることもあるのでは……!? (筆者はよくあります)。
しかし、この行為……実はかなりNG。髪は、濡れている時にダメージを受けるからです! そこで、暑い夏に少しでもストレスを減らすべく、髪を早く乾かすために心がけたいことを、時短美容協会でヘアアレンジを担当している筆者が紹介します。

1.「夏用」として売られている季節製品を使う

<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>
<筆者私物。左:ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク 中:ダイアンエクストラフレッシュ&リペア 右:ラピーネ クイックブローミスト<フルーティーシャボンの香り>>

ヘアケアをするにあたって、ケアのベースになるのがシャンプーです。

髪の汚れは、埃など表面につく汚れと皮脂など頭皮につく汚れに分けられます。埃などの表面の汚れは水で落ちますが、皮脂の汚れなどはシャンプーを使わないときれいに落ちません。そして、この皮脂汚れが溜まりやすい季節が夏なのです。

夏は紫外線の影響を受けたり、汗をかくことで皮脂の分泌が増えます。こういった夏特有の髪の悩みを解決するように作られているのが、夏用のシャンプーやトリートメント。多くは、メントールなどの清涼成分が含まれているので、洗い上がりもさっぱりして重宝します。

つまり、季節製品として売られているシャンプーやトリートメントを使うことで時短で髪をきれいにできますし、さらに速乾タイプのものを選ぶと、ヘアドライもスピーディーにすることができるのです。

筆者はさらに、シャンプー後に速乾性ミストを使用しています。シャンプーと似た香りを選ぶと、香りがより長持ちしておすすめ。

2. タオルドライに工夫を

タオルドライは、とにかく優しくしてください。強い力でタオルドライをすると髪とタオルの間に摩擦が生まれてしまい、キューティクルを剥がしかねません。ゴシゴシとするのではなく、タオルで髪をそっと挟み、揉むようにして髪の水分を取っていきましょう。

タオルドライをする順番は、髪からではなく、まずは頭皮から。頭にタオルを被せ、優しく手で押さえながら水分を取ります。次に、髪の毛先と中間部分の髪をタオルで髪を挟み、優しくポンポンしながら水分を取りましょう。

たったこれだけですが、余分な水分がしっかり取れて髪をいたわることができますし、さらにはドライヤーの使用時間を短くできる大切な作業です。

また、マイクロファイバーで作られているヘアドライ用タオルを使うのも時短術。吸水力が高く、髪や頭皮の水分を早く取ることができます。ターバンタイプもあるので、用途によって使い分けてみてください。

3. ドライヤーは根本からかける

ドライヤーで髪を乾かす順番は、タオルドライ同様、毛先ではなく根本からが鉄則です。毛先を先に乾かしても、根本から常に水分が流れてきてしまうので、根本を先に乾かしたほうが早く乾きます。

さらに、毛先は傷みやすいので、ドライヤーの熱があまり当たらないように気をつけながら乾かすのが大事。

注意点としては、ドライヤーの風を下から当てないこと。下から風を当てたほうが根元はすぐに乾くと思われがちですが、これだと髪が広がりやすくなり「天使の輪」と呼ばれるツヤが出ません。ドライヤーの風は上から当て、髪が熱くならないように手で髪を散らしながら乾かすのがベストです。

◇ ◇ ◇

暑い夏には、1分でも早くドライヤーを使い終えたいですよね。ぜひ、暑い夏に時短で美髪を目指しましょう!

<文・社〉時短美容協会所属/鈴木 友香〉

(時短美容協会/一般社団法人)

元記事で読む