1. トップ
  2. <#コールドゲーム>結木滉星、最終回は「すべての伏線、謎だった部分が回収されていきます」

<#コールドゲーム>結木滉星、最終回は「すべての伏線、謎だった部分が回収されていきます」

  • 2021.7.22
  • 49 views
“木村家”の隆(やす)、木村大輝(結木滉星)、木村陽菜(久間田琳加)、木村祥子(羽田美智子) (C)東海テレビ
“木村家”の隆(やす)、木村大輝(結木滉星)、木村陽菜(久間田琳加)、木村祥子(羽田美智子) (C)東海テレビ

【写真を見る】大輝(結木滉星)はついに復讐すべき相手と直接対決!

俳優の結木滉星が出演する「オトナの土ドラ『#コールドゲーム』」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の最終回が7月24日(土)に放送となる。結木が演じたのは、女性人気ダントツのイケメンでありながら復讐に燃える“裏の顔”も持つ木村家の“長男”・木村大輝。最終回を前に、「すべての伏線、謎だった部分が回収されていきます」と見どころを語った。

同作は、隕石衝突の影響で地軸が大きく変動し急激に寒冷化し、マイナス45℃の氷河期に覆われた地球が舞台。避難所第七支部に逃げ込んできた前科2犯の天才詐欺師・木村祥子(羽田)が、大輝、陽菜(久間田)、隆(やす)の偽装家族の母親として過酷な日々を戦い抜く完全オリジナルサバイバルストーリー。

17日に放送された第7話では、祥子が息子・裕翔(川口和空)と涙の再会を果たし、大輝が第七支部・支部長の如月雄一郎(中村俊介)に復讐する理由も明かされた。

24日放送の最終回では、如月が祥子ら木村家に拳銃を向け、大輝の復讐劇はクライマックスへ。大輝と如月が直接対決する中、前科2犯の天才詐欺師・木村祥子は驚きのトリックを仕掛ける。そして、ついに避難所に政府の救助ヘリが到着。しかし、救助される人数はごくわずか。第七支部の面々はそれぞれに決断を迫られる。

同作で、さわやかな好青年と怒りに燃える復讐鬼の二面性を演じている結木。最終回を前に、「すべての伏線、謎だった部分が回収されていきます。そしてついに大輝が如月に対して感情を爆発させます! ずっと撮影をして作り上げてきた大輝の気持ちのままお芝居することができて、とてもいいシーンになったと思います」と見どころを語る。大輝の感情が爆発するシーンは、最終回の見せ場の一つとなりそうだ。

“木村家”の面々、隆(やす)、木村祥子(羽田美智子)、木村陽菜(久間田琳加)、木村大輝(結木滉星) (C)東海テレビ
“木村家”の面々、隆(やす)、木村祥子(羽田美智子)、木村陽菜(久間田琳加)、木村大輝(結木滉星) (C)東海テレビ

「生きる意味について考えさせられた」作品

まだまだ意外な関係性や繋がりも見えてくるという。偽装家族“木村家”の行く末も気になるが、結木は「もともと偽装家族だったのが、回を追うごとに本当の家族のようになっていったので、ラストシーンは本当に感動しましたし、お芝居ではありますがとてもリアルな感情でした」と、“木村家”への思いも告白。

「そこはぜひ、最後まで皆さまに注目して観ていただきたいと思います。生きる意味について考えさせられた、そんな#コールドゲームの世界観を最後まで堪能してください」と、力強くアピールしている。

昨年は日曜劇場「危険なビーナス」(TBS系)にレギュラー出演したほか、TELASAオリジナル配信ドラマ「主夫メゾン」で主演を務め、着実にキャリアを重ねる結木。こうした活躍もあり、「2021年活躍しそうな俳優ランキング」で1位に選ばれた。そんな結木がサバイバルな環境で見せるむき出しの復讐心と、その結末にも注目が集まりそうだ。

元記事で読む