1. トップ
  2. メイク
  3. 伝説名品コスメ「ランコム ラプソリュ ルージュ」|つけ心地の良さは絶対的。自分の魅力が見つかるリップ

伝説名品コスメ「ランコム ラプソリュ ルージュ」|つけ心地の良さは絶対的。自分の魅力が見つかるリップ

  • 2021.7.22
  • 692 views

「やっぱりこれはすごい」「何回リピートしても手放せない」と愛され続けている“名品コスメ”を編集部が厳選。美容賢者たちの紡ぐ、美しい言葉と共にご紹介します。

名品「ランコム ラプソリュ ルージュ」

柔らかなヌーディマットでエフォートレスにセクシーな唇を

モデルが使用したのは、インティマットの中でも一番人気のブラウンカラー、IM169“愛しのシナモン”。輪郭をややオーバーするようにじか塗りしたら、チップなどで軽くアウトラインをなぞってほわっと柔らかく。
全60色/左から、C 06・DM 196・R 02・S 264・IM 169 各¥4,400
ラプソリュ ルージュの詳細・購入はこちら

綴るのは ビューティディレクター・天野佳代子さん

つけ心地の良さは絶対的。自分の魅力が見つかるリップシリーズ

リップメイクが主流だった’90年代。レッドやローズなど、バラを思わせるリップカラーが台頭して、世の女性たちの唇を艶やかに彩っていました。

一方で、発色やもちの良いリップは、唇をひどく乾燥させました。唇はすぐに乾き、縦ジワが目立つ程のあれた様相を呈するように。下地にリップクリームを塗って、上からもリップクリームを重ねるという、乾燥予防のためのステップはマストでした。

そんなときに登場したのが、ラプソリュ ルージュ。発色の良さ、もちの良さは当然ながら、時間がたっても唇はずっと潤ったまま。色にツヤが重なると唇はふっくらと丸みを帯び、豊かな表情を見せるようになります。仕上がりの変化と共に魅了させられたのは、つけ心地の良さ。軽やかに色がのびて、発色を楽しみながら唇の保湿もかなえられる夢のような処方。色ともちが主流だった口紅に、革命をもたらしたといっても過言ではありません。

今では5種類の質感を擁し全60色の品ぞろえにまで成長。最新作はIM(インティマット)というセミマットタイプ。これがどこにもない質感で、ぼかしたようなふんわりした発色がとても自然。そして、どんな質感であっても、ラプソリュ ルージュの保湿感とつけ心地の良さは、’21年の現在でもしっかり継承されています。

『美的』2021年5月号掲載
撮影/三宮幹史(TRIVAL/人物)、魚地武弘(TENT/静物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/平田雅子 モデル/高瀬真奈 構成/越後有希子、松村有希子

元記事で読む