1. トップ
  2. “キャンプ好き”金子貴俊が指南! 「マイ鉄板選び」と「鉄板の育て方」のポイントは?

“キャンプ好き”金子貴俊が指南! 「マイ鉄板選び」と「鉄板の育て方」のポイントは?

  • 2021.7.22
  • 804 views

金子貴俊がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「エバラ Camp Station~おいしいノアソビ~」。この番組では、いま注目のキャンプやアウトドアにまつわる旬の情報を紹介します。7月18日(日)の放送は、キャンプに欠かせない「鉄板」について、さらにはノアソビ簡単レシピ「カレーパエリア」を紹介しました。

パーソナリティの金子貴俊

◆金子直伝! マイ“鉄板”の育て方

“ノアソビ”に関する、あるテーマを深掘りする「ノアソビの沼」のコーナーでは、キャンプの必需品と言っても過言ではない「鉄板」をピックアップ! “鉄板は育てろ!”をテーマに、トークを展開します。

金子いわく、「鉄板ひとつで料理の幅が広がり、よりキャンプが楽しめる」と断言。また、先日、本番組で紹介した、兵庫県尼崎市にある鉄工所「ヒロセエンジニアリング」が手がけるキャンプ用品ブランド「HIBANAS(ヒバナス)」の鉄板の試作品「HIBARON」に触れ、「あれも分厚くて、重厚感があって、鉄板を育てるには最高の逸品。いつか自分で育てたい」と夢を語ります。

また、この日のスタジオには、金子が何年も大切に育ててきたマイ鉄板を持参。現在、愛用しているのは「YOKA GRIDDLE(ヨカグリドル)」という鉄板で、「厚さは3.2mmぐらい。それほど重すぎず、フォルムがものすごくスリムでスタイリッシュ! これを育てると、黒光りしてめちゃくちゃかっこいいんですよ!」と、魅力を力説します。

金子が愛用している鉄板「YOKA GRIDDLE」

「鉄板は使えば使うほど黒光りして……“いぶし銀”と言いますか、味わいが出てくる」と金子。どんどん使いこんで黒光りさせていくことで「より使いやすくなる。黒くなればなるほど、しっかりと油の膜ができて焦げつかず、サビにくくなって、どんどん扱いやすくなる」と言います。また、さらに使い込むと、「焼き加減が安定してきて、いい感じに香ばしく、いつでもおいしく調理できる」と言い、鉄板を使った後のシーズニング(空焼き&油ならし)の重要性についても説明します。

金子流の鉄板の選び方のポイントは、まず何と言っても“厚さ”。ある程度厚さがある鉄板を選んだほうが、「熱伝導率が高くて、お肉がよりおいしく焼ける」とメリットを挙げます。

またここで、「すごくコアな人は、何回も何回もキャンプ場で肉や野菜を焼くことによって、育てて黒光りするようにするんですけど、そこまで行けない方でも手軽に黒光りさせることができる育て方がある」という金子。その方法は、「ガスコンロでとにかく薄く油をひいて、煙が出るまで熱する。そして、冷ます。冷めたら、また油をひいて煙が出るまで熱する。(使っている)モノにもよるんですけど、これを10回ぐらい繰り返す。そうしたら、黒光りするいい鉄板が育つんですよ!」とアドバイス。最後に「ぜひ、みなさんにもお気に入りの鉄板を育ててほしい」と呼びかけていました。

<今週のノアソビレシピ>

アウトドアフリーマガジン「フィールドライフ」でおなじみ、アウトドアコーディネーターの小雀陣二(こすずめ・じゅんじ)さんが、キャンプで使える簡単でおいしいレシピを紹介してくれる「ノアソビレシピ~おススメキャンプ飯ステーション」のコーナー。

今回取り上げたのは、「カレーパエリア」。スキレットでスペイン料理の定番のパエリアが作れるお手軽レシピを紹介してくれました。

カレーパエリア

【使用アイテム】

スキレット

【材料】4人分

・エバラ「横濱舶来亭 カレーフレーク 芳醇な甘口」……大さじ4

・ソーセージ……大3本

・たまねぎ……1/2個

・ピーマン……1個

・トマト……1個

・米……2合

・白ごま油(またはサラダ油)……大さじ2

・ブラックペッパー……適量

【作り方】調理時間およそ20分

1.スキレットを中火で熱し、白ごま油を回し入れ、斜めに3等分に切ったソーセージとスライスしたたまねぎを炒めます。

2.生米 を加えて全体をなじませ、お米の色が半透明になるまで、焦げないように注意しながら炒めます。

3.そこに水540ml、エバラ「横濱舶来亭 カレーフレーク 芳醇な甘口」を加え、強火で熱しながらよく混ぜます。沸騰したらフタをして、弱火で7分ほど加熱します。

4.火を止めフタを開け、輪っかにスライスしたピーマン、くし形切りしたトマトを並べ、再びフタをして3分ほど蒸らします。仕上げにブラックペッパーを振れば完成です!

最後に、小雀さんからは「パラパラとした軽い仕上がりにするために、お米を炊く前に、お米を炒めて表面を油でコーティングし、お米のでんぷん質の粘りを抑えること」とワンポイントアドバイスも。ちなみに、もちもちとしたパエリアがお好みであれば「お米は炒めなくてもオーケー」とのことでした。

完成したメニューの写真を見て、金子は「これはおいしそう! キャンプ場にカレーの香りが漂ってきてたまらないでしょうね~! スキレットで作ると、おこげがパリッとして、そこもおいしそう!」と声を弾ませていました。

次回7月25日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>

番組名:エバラ Camp Station~おいしいノアソビ~

放送日時:毎週日曜 8:00~8:30

パーソナリティ:金子貴俊

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/camp/

元記事で読む
の記事をもっとみる