1. トップ
  2. ファッション
  3. 「大正ロマン百貨店DX」大正ロマン着物&和洋ミックス雑貨が伊勢丹新宿店に、安野モヨコの作品展示も

「大正ロマン百貨店DX」大正ロマン着物&和洋ミックス雑貨が伊勢丹新宿店に、安野モヨコの作品展示も

  • 2021.7.21
  • 1370 views

「大正ロマン百貨店DX」大正ロマン着物&和洋ミックス雑貨が伊勢丹新宿店に、安野モヨコの作品展示も

「大正ロマン百貨店DX」が、2021年7月28日(水)から8月2日(月)まで、東京・伊勢丹新宿店で開催される。

www.fashion-press.net

“大正ロマン”の和服、雑貨、アート展示

大正から昭和初期にかけての日本では、日本文化に西洋的な要素をミックスした“大正ロマン”という文化が流行した。和服にバラ模様をあしらったり、帯にアール・デコ調のモチーフを取り入れたり…当時の女性たちは、古き良きものに新しい要素を加えて、刺激的なファッションやライフスタイルを楽しんでいたという。

新しい文化・新しい時代へと移り変わりゆく時代に花開いた「大正ロマン」にフォーカスしたイベント「大正ロマン百貨店DX」が伊勢丹新宿店で開催。会場には、大正ロマン着物をはじめ、最新の和洋ミックスが楽しめる洋服、帽子、家具、雑貨などが勢ぞろいする。

「大正ロマン着物」ショップ

目玉となるのは、ポニアポン・暮らし家・天ふの国と3店舗が合同でオープンする「大正ロマン着物」ショップ。花模様や鳥のモチーフを取り入れた、レトロかわいい着物や帯が多数登場する。

店舗によってセレクトする着物のテイストが異なり、王道かわいいが好きなら「暮らし家」の和服を、ガーリーな雰囲気が好みなら「ポニアポン」を、ビビッドカラーの和服を探しているなら「天ふの国」を…と、三者三様の個性を体感できるのもポイントだ。

和洋ミックス小物も

和洋どちらのスタイルにもマッチするキュートな小物たちも充実。着物の生地を使ってリメイクしたバッグや、伝統的な螺鈿細工を施したアクセサリーなどが取り揃う。

また、国内外で活躍する画家の加藤美紀が、「大正ロマン百貨店DX」のために描き下ろしたという作品展示の販売やフォトスポットも。ファッションだけでなく、アートからも大正ロマンの世界に浸ることができる。

漫画家・安野モヨコの作品展示も

なお、「大正ロマン百貨店DX」のイベント公式アンバサダーに、『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』でおなじみ、漫画家の安野モヨコが就任。アンティークの帯や現代ものの和装小物を組み合わせた、安野による「大正ロマン」コーディネートが、会場内の作品展示を通して披露される。

【詳細】

「大正ロマン百貨店DX」
開催期間:2021年7月28日(水)~8月2日(月)10:00~20:00※最終日18:00終了
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
■アイテム例
<ポニアポン>リユース着物 77,000円
<暮らし家>リユース着物 22,000円 リユース名古屋帯 46,200円
<天ふの国>リユース着物 132,000円 リユース名古屋帯 33,000円
<集花>がま口バッグ 38,500円

【問い合わせ先】
伊勢丹新宿店
TEL:03-3352-1111(大代表)

元記事で読む
の記事をもっとみる