1. トップ
  2. EXOのD.O.が初のソロアルバムで2曲を自ら作詞、“繊細”な感情と歌声に高まる期待

EXOのD.O.が初のソロアルバムで2曲を自ら作詞、“繊細”な感情と歌声に高まる期待

  • 2021.7.21
  • 49 views

EXOのD.O.が初のソロアルバムで、リード曲『Rose』と収録曲『I'm Fine』2曲の作詞に参加したという。

来る7月26日リリースのD.O.初ソロアルバム『共感』は、計8曲で構成されており、D.O.本人が直接作詞した2曲が聞けると期待が高まっている。

今回のリード曲『Rose』は、軽快なギターリフが際立つアコースティックフォーク曲で、D.O.が直接作詞したという歌詞には、相手に夢中になってときめく心と、勇気を出して告白する姿までの初々しい恋物語が描かれている。

さらに2つ目の作詞曲『I'm Fine』は、毎回他人に挨拶をしてほしいという気持ちを歌詞で表現し、ジャジーなR&BギターサウンドとD.Oの淡々としつつも暖かみのあるボーカルが見事な調和を成している。

(写真=SMエンターテインメント)
(写真=SMエンターテインメント)

今回のソロアルバムに先立ちD.O.は、SMエンターテインメントの音楽プロジェクト「SM STATION」で、自ら作詞したソロ曲『That's okay』を発表していた。前作では慰めの心をD.O.ならではの言葉で紡いでおり、今回のソロアルバムでも彼の感性に期待が集まっている。

D.O.初のソロアルバム『共感』は7月26日18時に、各種音楽サイトで全曲公開だ。

元記事で読む