1. トップ
  2. SUGA (BTS)肩負傷後の近況伝える「リハビリ中で、まだ少し不便な部分がある」

SUGA (BTS)肩負傷後の近況伝える「リハビリ中で、まだ少し不便な部分がある」

  • 2021.7.20
  • 25294 views

BTS(防弾少年団)メンバーのSUGA(シュガ)が、NAVERが運営するライブ動画配信サービス『V LIVE』で、ファンに肩のリハビリ運動の近況を伝えた。


7月19日、BTS(防弾少年団)のメンバーのSUGA(シュガ)は、NAVERが運営するライブ動画配信サービス『V LIVE』のBTS公式チャンネルを通して『作業室です』というタイトルでライブ放送を行った。

現在リハビリ中の肩の状態をファンに伝えたBTSのSUGA。

この日SUGAは、肩の負傷を尋ねるファンの質問に「完全に良くなってはいない。でも、リハビリを続けていて、病院も周期的に通っている」と返答。

続けて「肩がすごく痛いということはない。リハビリセンターに頑張って通って、運動も一生懸命している」と強調し、「(完全に治るには)長い目で見なければならないと言われた。体を動かす時に、まだ少し不便なことがある。リハビリに伴って、ウェイトトレーニングもしている。クロスフィットはしたことがない」と話した。

また「新曲『Permission to Dance』をリリースしてプロモーション活動もして、見えているものはないかもしれないが、とても忙しく過ごしている」と近況を伝えている。

SUGAは2020年11月、左肩部分の破裂した関節を縫合する手術を受けた。その後、6月21日に『Butter』の発売を記念した記者懇談会で、「現在リハビリを一生懸命している」と言及している。


BTS プロフィール

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

元記事で読む