1. トップ
  2. 【クイズ】ウォシュレットの正式名称って何だか言える?意外に知らない!

【クイズ】ウォシュレットの正式名称って何だか言える?意外に知らない!

  • 2021.7.20
  • 11174 views

いまや多くの家庭にウォシュレットは普及しています。

「ウォシュレット」の正式名称はなんでしょう。

 

一つひとつに名前があります

答えは「温水洗浄便座」です。

「ウォシュレット」の正式名称は「温水洗浄便座」です。温水洗浄便座はウォシュレットの名前で広く知られていますが、これはTOTOの商品名であり登録商標。また、時折使われる「シャワートイレ」もINAX(LIXIL)の登録商標です。

TOTOは、すでに1960年代に米国からの輸入によって温水洗浄便座の販売を行っていましたが、これらはおもに医療用や福祉施設用に導入されていました。そんななか、開発を重ねて1980年6月に初代のウォシュレットを発売。清潔好きな日本人の心をつかんでヒット商品となりました。ウォシュレットにはスタンダードなSシリーズと、たっぷりのお湯で洗浄できる快適機能が備わったGシリーズがあり、さらに最新式の機能を搭載したアプリコットシリーズ、節水タイプのZシリーズ、便器一体型のネオレストシリーズなどがあり、それぞれが進化を続けています。

1982年に戸川純さんが出演する「おしりだって、洗ってほしい。」のCM(コピーは仲畑貴志さん)は、当時の日本ではセンセーショナルなものでしたが、温水洗浄便座が普及した現在の日本ではすんなりと受け入れられるのではないでしょうか。ほとんどの家庭の便器が和式から洋式へと変化する中で、温水洗浄便座はがっちりと日本人の心と生活に根付くようになったといえます。

参考:ウォシュレットの歴史(TOTO)

 

元記事で読む