1. トップ
  2. スキンケア
  3. 去年の日焼け止めを使っても大丈夫?未開封・開封時の使用期限と正しい保存方法

去年の日焼け止めを使っても大丈夫?未開封・開封時の使用期限と正しい保存方法

  • 2021.7.20
  • 57351 views

去年の日焼け止めを使っても大丈夫?未開封・開封時の使用期限とは

去年の日焼け止めを使っても大丈夫?
出典:byBirth

紫外線の強い季節は毎日使っているはずなのに、意外と使いきれないのが日焼け止め。また、1本目を使い切り、2本目を使っている途中で放置してしまうこともしばしばありますよね。

そんな去年の日焼け止めは、使っても大丈夫なのでしょうか?

実は、日焼け止めにも使用期限があるんです。未開封時と開封時で使用期限が異なるので、それぞれ見ていきましょう。

未開封の日焼け止めの使用期限は3年が目安

日焼け止めを含む化粧品全般は、未開封の場合なら3年が使用期限です。容器に使用期限の記載がなければ、製造日から3年以内となります。

しかし、製造日がいつなのかという記載もない場合が多いため、実際にはいつが使用期限なのか分からない場合も多いでしょう。

もし明確な使用期限を知りたい場合には、メーカーに問い合わせるのがおすすめです。「そこまで明確にわからなくてもいい」という場合は、購入してから2年くらいで使い切るのが無難かもしれません。

開封した日焼け止めの使用期限は1年以内

開封した日焼け止めの使用期限は1年以内
出典:byBirth

一方、すでに開封してしまった日焼け止めの使用期限は、1年以内とされています。つまり、去年使った日焼け止めは、なるべく今年は使わないほうが良いでしょう。

日焼け止めの状態にもよりますが、お肌が弱い人や肌荒れしやすい人は、新しく買い替えるのがおすすめです。

使用期限にかかわらず日焼け止めの状態をチェックして!

日焼け止めの状態をチェックして
出典:byBirth

日焼け止めの使用期限は、だいたいの目安が決まっています。しかし、保存方法によっては日焼け止めの状態が悪化している場合も少なくありません。

そのため、たとえ使用期限内であっても、状態によっては使用しないほうが良い場合があります。

以下のチェックポイントを確認してから使いましょう。

変なニオイがしないか

日焼け止めには、一般的に水分や油分が多く配合されています。油分の多い日焼け止めは酸化しやすいため、場合によっては変なニオイがすることがあります。

また、水分の多い日焼け止めは雑菌が繁殖しやすいため、お肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

いずれにしても、変なニオイがした場合には、使用期限に限らず使用を中止することをおすすめします。

変色していないか

日焼け止めの保存状態が悪いと、変色してしまう場合があります。これは見た目ですぐにわかるので、変色していることを確認したら使用を中止しましょう。

分離していないか

日焼け止めの状態をチェックして、分離しているようならやはり使用しないほうが良いでしょう。

分離しているということは、何らかの異変が起きている可能性があるため、使用を中止することをおすすめします。

使用期限が長めの日焼け止めもあるの?

使用期限が長めの日焼け止めもあるの?
出典:byBirth

日焼け止めは、テクスチャーによって長持ちしやすいタイプもあります。なかなか使い切れずに日焼け止めが余ってしまうことが多い人は、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めが酸化したり、雑菌が繁殖したりするのは「空気に触れる」ことが大きな原因です。スプレータイプの日焼け止めは、中身が空気に触れることがないため、開封時であっても3年くらいは使用できると言われています。

とはいえ、お肌に悪い影響を与えないためには、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

スプレータイプのおすすめ日焼け止め

では、スプレータイプの日焼け止めをいくつかご紹介します。ヘア用の日焼け止めや、お肌にやさしい日焼け止めなどを見ていきましょう。

ドクターリセラ 薬用サンカットスプレーEX

ドクターリセラ「薬用サンカットスプレーEX」は、ボディはもちろん、髪の毛にも使える日焼け止めスプレーです。

防腐剤や合成着色料などを使用していないため、肌にやさしい日焼け止めです。ただし、防腐剤の入っていない化粧品には使用期限が記載されている場合があるので、期限を守って使用しましょう。

ラ ロッシュ ポゼ アンテリオス UVプロテクションミスト

ラ ロッシュ ポゼ「アンテリオス UVプロテクションミスト」は、メイクの上から使用できる日焼け止めなので、塗り直しが簡単なのがうれしいポイント。

日焼け止めはこまめに塗り直さないと十分な効果を発揮してくれないので、スプレータイプの日焼け止めなら手軽に使用できますね。

しかも低刺激の日焼け止めなので、敏感肌の人でも安心して使えます。

日焼け止めの正しい保存方法を紹介!

日焼け止めの正しい保存方法を紹介
出典:byBirth

日焼け止めの使用期限には目安がありますが、保存状態によっては成分が悪化してしまう場合があります。

少しでも良い状態を長持ちさせるには、正しい保存方法をすることが大切です。以下の項目をチェックして、正しく日焼け止めを保管しましょう。

  • 高温多湿の場所を避ける
  • 直射日光の当たらない場所に保管する
  • できるだけ風通しの良い冷暗所に置く

窓から日差しが入るドレッサーや、お風呂場のとなりの洗面所などに保管するのは避けたほうが良いでしょう。

正しく使って効果的な紫外線対策をしよう!

日焼け止めの使用期限と正しい保管方法について紹介しました。たとえ使用期限内であっても、異変を感じたら使用を中止することをおすすめします。

正しく使って効果的な紫外線対策をしましょう。

元記事で読む