1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』シュワちゃん&エミリア・クラーク来日記者会見

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』シュワちゃん&エミリア・クラーク来日記者会見

  • 2015.7.5
  • 919 views

7月10日(金)より全国ロードショーとなる映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の来日会見が7月5日(日)に行われ、本作主演の"シュワちゃん"ことアーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のエミリア・クラークが出席した。多くの報道陣が集まる中、本作の見どころや撮影時の様子などを語った。

undefined

【関連記事】エミリア・クラークがサラ・コナーを熱演!本編映像の一部を公開中

今回の来日が約1年7か月ぶり、12度目となるシュワルツェネッガーは、「また日本に戻って来たことを嬉しく思う」と、喜びを語った。自身が演じるT-800について「シリーズ第1作では殺人マシーンとしてプログラムされていたが、それ以降は、ジョンやサラを守るマシーンという印象が強くなってきた。今回はサラ・コナーと過ごす時間が長いということもあり、より人間性の強いキャラクターになっている」と、今までとは違うT-800を見ることが出来ると話した。若き頃の自分が登場するシーンについて「ボディビルダーを雇って撮影し、それを基に顔や体をCGで作り、若い頃の自分を再現した」と撮影秘話を語り、「まさかここまで再現できるとは思ってもなかったので、本当に驚いている」とその出来に大満足のようだ。

また、今回が初来日となったクラークは「とても素敵な滞在をしているわ。本作で、アーノルドと共に来日出来たことをラッキーに思う」とコメント。アクションが多いサラ・コナーを演じることについて「アクション映画が全くの無経験だったので大変だったけど、10年近く銃を扱っているように見せなくてはいけなかったから、まずは銃の扱い方から学んだわ」と、撮影のため努力したことを告白。そして、「サラはT-800を人間のようにしようと努力するが、時々失敗に終わってしまうのだけど、そういったシーンがコミカルに描かれているの」と、注目して欲しいシーンを語った。

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、7月10日(金)より公開ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』来日記者会見
アーノルド・シュワルツェネッガー&エミリア・クラーク