1. トップ
  2. 吉岡里帆、中村倫也は安倍晴明にピッタリと太鼓判!向井理への恐怖心も明かす

吉岡里帆、中村倫也は安倍晴明にピッタリと太鼓判!向井理への恐怖心も明かす

  • 2021.7.17
  • 104 views

吉岡里帆が、7月17日、YouTubeにてライブ配信された劇団☆新感線「狐晴明九尾狩」製作発表に、中村倫也、吉岡、向井理、脚本の中島かずき、演出のいのうえひでのりと共に出席した。

【写真を見る】赤のレザーワンピースがクールな吉岡里帆

劇団41周年の今秋は、生田斗真主演の2020年劇団☆新感線39(サンキュー)興行・春公演 いのうえ歌舞伎「偽義経冥界歌」以来、約1年半ぶりに王道の“いのうえ歌舞伎”を上演。「狐の子」を名乗る陰陽師・晴明(中村)と、陰陽師に化けた九尾の狐(向井)との手練手管の頭脳戦を、総勢38人のキャストで描く、王道にして正統な“いのうえ歌舞伎”となる。

吉岡は、狐の精霊・タオフーリン役を演じるが、「私は、狐の役を何年も某CMでさせていただいていて、狐歴が結構長いんです。今までやってきたことが役にたつのでうれしいなと思ったんですが、台本を読むと、私の知ってる狐と全然違うなという印象でした」と口にして笑いを誘い、「妖怪がたくさん出てきて、お客さんは不思議な世界感にすっと連れ込まれると思います」と笑顔でアピール。

今回のメンバーの中で唯一、劇団☆新幹線への初参加となるが、「どんな作品でも初日は緊張するものですが、より緊張して。足手まといになりたくないので、皆さんにしがみつきながら、全力で頑張りたいです」と意気込んだ。

中村、向井、共に共演経験のある吉岡。中村演じる安倍晴明を「本読みの第一印象が、愛さずにはいられない人で。少年性やピュアな感じと、魔術を使う危うい部分が混在しているキャラクターで、中村倫也さんのイメージと重なる部分があって、ピッタリでしっくりきました」と告白。

それを聞いた中村が「俺、魔術使えそう?」と冗談めかして声をかけると、吉岡は「使えそうです」といたずらっ子のような笑顔で答えていた。

一方、向井とは、吉岡が連ドラ初主演を務めた2018年のドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)以来の共演。吉岡は「私がものすごくいじめられた役で、ものすごく支えてもらいつつ、本編ではものすごくいじめ抜かれたので、恐怖みたいものが埋め込まれていて」と告白。

中村が爆笑する中、向井は「俺、台本通りやってるからね。アドリブとか一切やってないんだよ」と反論するも、吉岡は「向井さんは優しくてすごくすてきな先輩だと分かっているんですけれど、どうしてもあの怖い表情が心に埋め込まれている感じがあって。でも、今回、因縁のある関係なので、それを生かして、反撃できるように頑張りたいです」と笑顔を見せていた。

2021年劇団☆新感線41周年興行・秋公演 いのうえ歌舞伎「狐晴明九尾狩」は、9月17日(金)より10月17日(日)まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて、10月27日(水)より11月11日(木)まで大阪・オリックス劇場にて上演。

元記事で読む