1. トップ
  2. レシピ
  3. 大好きな初夏の味。鱧・鮎・とうもろこしのシーズン到来!(Yuka Tsukano)

大好きな初夏の味。鱧・鮎・とうもろこしのシーズン到来!(Yuka Tsukano)

  • 2015.7.5
  • 451 views

【さらに写真を見る】大好きな初夏の味。鱧・鮎・とうもろこしのシーズン到来!(Yuka Tsukano)

初夏の美味しい食材が出始めました。鱧(はも)、鮎(あゆ)のメニューを見かけたら、頼まずにはいられません。最近食した、忘れられない初夏の一皿と名店はコチラ!

メッシタの「稚鮎のフリット」。

予約が取れないイタリアン「mescita」(メッシタ)へ。オーナーシェフの鈴木美樹さんが作り出すのは、素材が本来もつ美味しさをガツンと伝えるお料理。この夜、オーダーしたメニューのひとつが「稚鮎のフリット アグロドルチェ」。ふっくら揚げた鮎のほろ苦さに、赤玉ねぎのアグロドルチェ(イタリア後で甘酸っぱいという意味)がよく合います。よく冷えた白ワインもすすむ、すすむ。何を頼んでも必ず美味しいですが、定番メニューなら、野生ルッコラのサラダ、生ウニのスパゲッティ、あか牛は食すべき。

mescita(メッシタ)

東京都目黒区目黒4-12-13 1F

03-3719-8279

ラスで「ヤングコーンのすべて」を味わう。

夏野菜の代表格と言えば、とうもろこし! 夏祭りやビアガーデン、バーベキューでも欠かせない野菜です。本格フレンチが5000円とリーズナブルに楽しめる超人気店「L'AS」(ラス)のおまかせコースでは、ヤングコーンを使ったお料理に出会いました。その名も「北海道帆立貝のフリットヤングコーンのすべてを味わう一皿」。プリプリ肉厚の帆立貝とヤングコーンの身のフリットをシンプルな塩胡椒で味付けし、まわりにはヤングコーンの”ひげ”がたっぷり。ひげの甘みと、フリットの塩加減が絶妙。まさにすべてを味わう一皿でした。

L'AS(ラス)

東京都港区南青山4-16-3 1F

080-3310-4058

銀座 うち山、夏のお椀「鱧とじゅんさい」。

友人の釜師、川邊尚子さん宅のお茶席開きへ。「お昼は美味しい仕出しを頼んであるから」と聞いていたのですが、なんと「銀座 うち山」のご主人がキッチンに登場!! 嗚呼、なんてスペシャル!! うち山さんは茶懐石を基本とした和食なので、茶釜をつくる川邊尚子さんとお知り合いなのでした。お椀は、初夏ならではの「鱧(はも)とじゅんさい」。ふわ〜っとほぐれていく鱧とじゅんさいのツルっとした食感がたまりません。名物のからすみ、うなぎ山椒、お赤飯、車海老などが色鮮やかにぎっしり詰まったお弁当も最高。次回はお店で鯛茶漬けを食べねば!

うち山

東京都中央区銀座2-12-3 B1F

03-3541-6720

川邊尚子さん作の茶釜と紫陽花。

先述のお茶席では、もちろん川邊尚子さん作の茶釜でお湯を沸かしていました。女性の釜師は大変めずらしいそうですが、シンプルで重厚感のあるデザインです。そのほかの茶道具ひとつひとつにもセンスのよさが表れていて、なかでもお茶碗がどれも素敵。写真のお茶碗は女性陶芸家、中里花子さんの作品とのこと。茶菓子は虎屋の紫陽花。目と口で味わう初夏でした。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む