1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 憧れは「ハケンの品格」!? 正社員より派遣になりたいという娘にがっかり

憧れは「ハケンの品格」!? 正社員より派遣になりたいという娘にがっかり

  • 2021.7.16
  • 2230 views

《お悩み》転職の次は派遣?娘がわからない!

社会人2年目の長女のことです。就活に大苦戦しようやく就職しましたが、残業続きの長時間労働に耐えられず、1年で転職。やれやれと思っていたら、責任があり、何かをクリエイトしなければならない正社員は自分にはできない、正社員より楽な派遣になりたいと、泣き言を言います。会社からは結構期待されているようなのに。本人は以前放送されていた「ハケンの品格」にすっかりはまり、資格さえあれば3ヵ月毎に職場を代えられて、苦手な人間関係も深入りしなくていいと言います。正社員がどんなに恵まれているかを夫と共に話してみても、「そんなのわかっている、でも自分には向かない」の一点張り。このご時世、仕事があるだけでも御の字なのに、甘えています。情けなくてがっかり。どうしてやるのがいいのか、もう本当にわかりません。(投稿者 もみじさん)

「派遣がいい」は甘い!厳しさを経験させては?

派遣にもいろいろな面があります。実際に派遣社員として働いている方からも「やってみなければ、何もわからない」という声が届きました。

「正社員になれずに派遣、ならわかりますが、わざわざ自分で派遣になりたいなんて、本当にもったいない。今は石にかじりついてでも、正社員にこだわった方がいいです。」

「自宅通勤で、金銭的にも時間的にも精神的にも、余裕があるのでしょう。社会人になったのだからと、家から出して自立させてはいかがですか?正社員の座をそう簡単に手放せなくなると思います。若い時期にいろいろな考えがよぎるのは当然ですが、実行に移すにはリスクが伴うことを本人が感じないとダメな時期に来ているのではないですか?」

「派遣は、これまでの経験が問われます。今の職場を辞める前に、まず派遣会社に登録してみて、手応えというか状況を見させるほうがいいかもしれません。」

「派遣で働いています。正社員がやりたがらない雑務をこなし、名前すら覚えて貰えずに「派遣さん」と呼ばれます。仕事ができないと「更新無し」です。正社員は夏休みやたっぷりある有休で休みますが、派遣は有休が少ないうえ、日給なので休む人はほとんどいません。正社員があとはよろしく~と早く帰った後に、残業の毎日です。若いのにそんな過酷な職場が耐えられますか?」

「派遣は30代まではいいでしょうが40、50になったら派遣先から嫌がられて派遣切り。そして、次は全然紹介されず途方に暮れるのです。賞与はおろか、企業年金も退職金もなくてどうするのか?皆が派遣をやらなくなれば、派遣会社もなくなります。こんな都合のいい使われ方を認めてはだめ。」

「正社員が恵まれていることを説得するのはよいですが、最後は自分が決めることです。自分で決めた道に進むことが、無用な後悔をしない最善の道だと思います。」

「派遣が本人にとって辛いか辛くないかは、本人でないと分からないと思います。やってみたらやはり派遣がよかったとなるかもしれませんし、正社員の方がよかったと思うかもしれません。でも、やる前には誰にもわかりませんし、自分がやりたい方に進めばよいのでは。親として心配する気持ちは分かりますが、娘さんの人生です。」

「派遣」になりたい別の理由があるのでは?

問題は、「派遣」か「正社員」かではなく、別のところにあるのでは?と心配する方もおられました。

「お嬢さまは最初の職場で、心に相当なダメージを受けていて、そしてそのダメージは今現在もまだ回復されていないのでは、と感じられました。今、お嬢さまに必要なのは、適度に社会とふれあいながら心の回復に務めること、そして、どんな仕事が向いているのか、ご自身で見極めることです。それには、いろんな職場で働ける派遣はうってつけでしょう。自分に合う仕事が見つかれば、派遣でも契約社員でも長く続けることです。私事ですが、アラフィフで派遣社員→契約社員→正社員となりました。20年以上働き続ければこんなこともあります。」

「ポイントは、お嬢さんが辛いと感じている点かと。私も会社を辞めたいほど辛かった時期がありましたが、同期達の存在が大きかったです。私は自分の弱みをオープンにできない性格でしたが、同期達が指導担当の先輩にボコボコに言われた話や、失敗談、上司から怒られた話を愚痴りあったり、笑い話にしたりしているのを聞いて、自分だけじゃないんだと救われました。だから、そんな同期達がいなければ辛いのでは。」

「小学校から付属で、世間を知らずに育ったのが逆にコンプレックスでした。海外の大学を出て帰国した私は、アルバイトが楽しくて就職する気も全くありませんでした。毎日フルで働いていればお金は出るので『別に一生これでもいい』と本気で思っていました。その後、親に鞭うたれてしぶしぶ就職しましたが、当時は相当親を恨みました。『アルバイトや派遣って、ボーナスもらえないし保証がないよ?』と言われても、そもそもそんなにお金を使わないので、楽しいアルバイトをしているのが何故ダメなのか、全く理解できませんでした。結婚して子育てをしてみて、親の言っていた意味がわかりました。ですので、お金や生活に関して具体的な数字が見えていない娘さんが、仕事のありがたみが分かるのはもう少し先だと思います。」

気持ちの変化を祈って

投稿者のもみじさんからはこのような返信が届きました。

「就活も転職も、自分の意思で決めてきて、もう年齢的にも親の出る幕ではないけれど、同居していると気になってしまっていけません。就職と同時に家を出てほしいと伝えていれば、正社員より派遣がいいとは思わなかったのかもしれないですが、後の祭りです。話を聞くと、何かの資格を取得するまでは現在の会社で働くつもりとのことです。またしばらくしたら気持ちも変わるかもしれないと、祈るほかありません。」

娘さんも今すぐやめたい、という状態ではなさそうです。今は自分に何ができるか、どうしていったらいいのかいろいろと道を探している途中なのでしょう。親としては心配なことはまだまだ続きそうですが、自分に合う道を見つけられるよう、精一杯応援してあげたいですね。

■関連スレッド【6031867】正社員より派遣になりたいという娘にがっかり

(イラスト:ぴか丸)

元記事で読む
の記事をもっとみる