1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『鳩の撃退法』山口勝平ナレーションの特別映像公開 森カンナ、矢野聖人ら追加キャストも

『鳩の撃退法』山口勝平ナレーションの特別映像公開 森カンナ、矢野聖人ら追加キャストも

  • 2021.7.16
  • 266 views
(上段左から)森下能幸、森カンナ、矢野聖人、ついひじ杏奈、円井わん(下段左から)安藤聖、石橋けい、佐藤玲、伊島空、古河耕史

8月27日に公開される藤原竜也主演映画『鳩の撃退法』の特別映像が公開された。

本作は、第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』などで知られる佐藤正午の同名小説を映画化したもの。天才作家・津田伸一役を藤原が演じるほか土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らが脇を固める。『ホテル ビーナス』のタカハタ秀太が監督を務める。

かつては直木賞も受賞した天才作家の津田伸一(藤原竜也)。津田はとあるバーで担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に、書き途中の新作小説を読ませていた。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の運命を狂わせたあの雪の一夜の邂逅。彼の話は嘘なのか本当なのか。鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか検証を始めるが、そこには驚愕の真実が待ち受けていた。

公開された特別映像は、『名探偵コナン』の工藤新一や怪盗キッドの声で知られる声優・山口勝平がナレーションを担当。映像は「君も挑んでみないか?」という問いかけとともに本作の重要なシーンが捉えられており、最後は「真実は……あっこれはダメだ!」と何かを言いかけて終わる山口のナレーションで締められている。

また、第4弾となる追加キャスト10名も発表。鳥飼の上司・大木を森下能幸、幸地秀吉(風間俊介)のバー「スピン」の常連客・吟子を森カンナが演じるほか、矢野聖人、ついひじ杏奈、円井わん、安藤聖、石橋けい、佐藤玲、伊島空、古河耕史らが脇を固める。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む