1. トップ
  2. ソン・ジュンギ、自宅隔離を終えて映画 ‘ボゴタ’ の撮影再開‥今後の活動にも注目

ソン・ジュンギ、自宅隔離を終えて映画 ‘ボゴタ’ の撮影再開‥今後の活動にも注目

  • 2021.7.15
  • 1018 views

俳優ソン・ジュンギは、新型コロナウイルスの濃厚接触者に分類され、全ての活動を中断していた。ようやく自宅隔離が終了し、中断されていた映画『ボゴタ(原題)』の撮影を再開。今後のスケジュールにも、期待が集まっている。


俳優のソン・ジュンギが、映画『ボゴタ(原題)』の撮影を再開した。

7月14日、彼の所属事務所HiSTORY D&C (ハイストーリーディーアンドシー)(以下、HiSTORY)と映画制作側が、「俳優のソン・ジュンギが7月13日より、映画『ボゴタ』の撮影を再開した」と明らかに。

ソン・ジュンギが主演を務める映画『ボゴタ』が撮影を再開

これに先立ち、HiSTORYは「去る6月30日、ソン・ジュンギ周辺の関係者が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたとの連絡が入り、直ちに全スケジュールを中断し、検査を行った」「その結果、陰性判定だった」と説明。

続けて、その後行われた疫学調査の結果については「濃厚接触者に分類されたため、自宅隔離通告を受けた」と伝えた。これにより、ソン・ジュンギは予定されていたスケジュールを全て中断し、防疫当局の指示に基づいて、自宅隔離に入る。

また該当映画の制作陣や、出演者、スタッフら全員も新型コロナウイルスの検査を受診し、撮影を一時中断。そしてこの日、ソン・ジュンギが14日間の自宅隔離期間を終えたため、撮影が再開されたという。

本作は、コロンビアに移民した韓国人男性が、希望のない人生の中、最後に選択した地”ボゴタ”で、生き残るための危険な取引をする人々の生きざまを描いたクライムスリラーだ。演出を務めるのは、映画『国選弁護人 ユン・ジンウォン(2015)』を手がけたキム・ソンジェ監督で、ソン・ジュンギ、イ・ヒジュン、クォン・ヘヒョらが出演する。

最近、Netflix(ネットフリックス)でも配信されているtvN『ヴィンチェンツォ』で、再び大ブレイクを果たした俳優ソン・ジュンギは現在、JTBCドラマ『財閥家の末息子』への出演を検討中だ。


ソン・ジュンギ プロフィール

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。
2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

元記事で読む