1. トップ
  2. GENERATIONS・数原龍友「この僕がかわいい感じで」新曲『Beautiful Sunset』を作詞

GENERATIONS・数原龍友「この僕がかわいい感じで」新曲『Beautiful Sunset』を作詞

  • 2021.7.14
  • 778 views

GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんと数原龍友さんが、7月13日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。メンバーでパーソナリティのこもり教頭とともに、14日(水)リリースのニューアルバム『Up & Down』について、さかた校長と語り合いました。

さかた校長:『Up & Down』は、GENERATIONS先生にとって1年8ヵ月ぶり6枚目のオリジナルアルバムです。15曲収録されていて、プラス1曲ボーナストラックとしてJr.EXILE先生の「WAY TO THE GLORY(GENERATIONS Ver.)」も収録されています。

こもり教頭:校長は聴いてみてどうだったの?

さかた校長:「ヒラヒラ」をここで初解禁して……「雨のち晴れ」もそうなんですけど、ちょいちょい一緒にダンスを踊らせてもらったりとかあったので(笑)、僕的にはこの1年8ヵ月の歴史がわかる1枚という感じでした。

こもり教頭:なるほど~。

さかた校長:(15曲目の)「Love is ?」がめちゃくちゃグっときたんですけど、全部詰まっているし、この大変な時代を経て……だったから、いままで一緒に聴いてきた曲たちが全部ここでつながっている気がしました。後半にこの曲が流れたときにジーンとして、僕はこの曲がいちばん好きでした。

こもり教頭:ありがとうございます。

さかた校長:そして(7曲目の)「Beautiful Sunset」も……すごく色が違って、ボーカルのお2人が際立つ感じがして。数原先生が作詞をされていますけど、空気が柔らかくなるというか、散歩しながら聴きてぇ! と思いました。『君の機嫌 なんとなく探ったりしてる』という歌詞が好きなんですけど……。

こもり教頭:あー! いいっすね!

さかた校長:『なんとなく』なんだよな! ガッツリ探るんじゃなくて、なんとなく! この日常の一瞬を切り取ったような歌詞が詰まっていて、めっちゃ良かったです。

数原:男性目線だとしても、キュンとして欲しかったんですよね。彼女の表情を探ることってあるじゃないですか? その感じを、この僕がかわいい感じで書きたいな……みたいな(笑)。

さかた校長:乙女心じゃないですけど、くすぐられている感じがしました。

こもり教頭:この曲は、ボーカルの2人がディスカッションをしたと聞きましたけど?

片寄:そうですね。まず“ボーカル2人の曲を作る”というのが、テーマだったんです。ライブでも2人で披露するであろうイメージからスタートして……普段はバラードとかを2人で歌うことが多いんだけど、ちょっと違うアプローチでいきたいよねというところで……。龍友くんとも意思疎通が取れていて、いまの音楽のチルっぽい雰囲気とか、肩の力を抜ける感じがいいよね、ということで、こういうアコースティックな雰囲気に向かっていった感じですね。

さかた校長:バラードを2人っきりで歌うイメージはあったんですけど、このアコギの爽やかな感じというか、寄り添っている感じというか……。

数原:そうなんですよ。

さかた校長:それが、めちゃくちゃ新鮮やったんです。

数原:すごく的を射ていると言いますか、狙いがしっかり伝わっていて嬉しいですね。アルバムが「Day」と「Night」みたいな……ちょうど真ん中の「夕方」がないですよね? みたいなことになって。

片寄:そうそう。

数原:「じゃあ、こういうのはどうかな?」と、2人で話を進めていきました。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む