1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マーベル社長が却下したスカーレット・ヨハンソン版の『ブラック・ウィドウ』とは?

マーベル社長が却下したスカーレット・ヨハンソン版の『ブラック・ウィドウ』とは?

  • 2021.7.12
  • 7658 views

スカーレット・ヨハンソンによると、映画『ブラック・ウィドウ』にはさまざまなストーリー案があったという。(フロントロウ編集部)

『ブラック・ウィドウ』公開&配信中

ブラック・ウィドウ』は、7月8日(木)より映画館公開、7月9日(金)よりディズニープラス プレミア アクセス配信が始まったマーベル映画。

スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ初の単独映画となる本作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により1年間の延期を経てついに公開され、多くのファンから高い評価を得ている。

そんな本作で主演を務めるスカーレットが、本作が制作されるにあたって当初は様々なストーリー案があったことを米MTV Newsとのインタビューで、明かした。

『ブラック・ウィドウ』でボツになったストーリー案

MCUの『アベンジャーズ』で中心的存在を担う大人気キャラクター、ブラック・ウィドウの単独映画とあって、ストーリー案も様々作られていたと明かしたスカーレット。その中には、スカーレットが“やりたくない”と思ったものもあったという。

画像: 『ブラック・ウィドウ』でボツになったストーリー案

「(ストーリー案の)中には、とてもありきたりなバージョンのものがあった。(フローレンス・ピュー演じる)エレーナとナターシャは敵対していて、エレーナはナターシャを失脚させようとしているという、スパイものっぽいバージョン。私は、『こんなことのために仕事に戻るわけにはいかない』と思った。それから、私が考えた別のバージョンのものもあって、それは本当に哲学的で、ちょっと奇妙な感じのものだった。(マーベル社長の)ケビン・ファイギは、『こんなことのためには仕事に来られないと思う』と言ってた(笑)。奇妙な話だったけれど、私は気に入っていたの」

スカーレットが言うところの“奇妙な話”というのも気になるが、その詳細については明かされていない。ともかく、ファイギ社長が「こんなことのためには仕事に来られない」とまで思ったシナリオはボツになったよう。

映画『ブラック・ウィドウ』は、7月8日(木)より映画館公開、7月9日(金)よりディズニープラス プレミア アクセス配信中。(フロントロウ編集部)

元記事で読む