1. トップ
  2. レシピ
  3. 【西区楠木町】やせうまだんご汁とおやつ「日日花」(にちにちか)

【西区楠木町】やせうまだんご汁とおやつ「日日花」(にちにちか)

  • 2021.7.12
  • 1136 views

こんにちは! 甘辛両党特派員のmocoです。

先日、やせうまだんご汁とおやつ「日日花」(にちにちか) へ行ってきました。 席の予約は不可。売り切れ次第閉店のお店です。 ちなみに後でインスタグラムを見たところ、私がうかがった日は14時で閉店したとの事でした!

オープン前に到着!
出典:リビング広島Web

場所は、横川駅から歩いて10分くらい。 黄さんの家の隣です。 オープンの10分ほど前に到着しましたが、すでにお一人待たれていました。 店頭のセンスの良い植物に癒されつつ、私もメニュー看板を見ながらワクワク待ちます。

出典:リビング広島Web

さぁ、いよいよ暖簾がかかってOPENです!

出典:リビング広島Web

店内も、明るくて優しい感じ。 素敵~! カウンター席が4つとテーブル(2名)席が3つ。 女性一人でも(もちろん二人でも)、とっても入りやすい雰囲気です。 向かい席の間と隣席の間には、アクリル板を1席ごとに設置されてあり、感染症対策もバッチリです。

大分の郷土料理 ”やせうま”
出典:リビング広島Web

おしながきの最後のページ。「やせうま」の由来は、八瀬(やせ)さんの名前。

「やせうま」とは、大分の郷土料理で小麦粉を練ってだんごにし、指で細長く伸ばしたものだそうです。 『やせうまだんご汁』は、やせうまを味噌ベースのオリジナルスープと合わせていただく手延べ麺料理とのこと。

出典:リビング広島Web
出典:リビング広島Web

冷やしやせうまは夏季限定!

出典:リビング広島Web

おやつ時間にも来てみたい!

出典:リビング広島Web

かぼす酒も気になります。

うわ~! メニューを見たら、また迷っちゃう。 迷った挙句、お店の名前が付いた日日花定食をチョイス!

お店の名前の日日花(にちにちか)は、別名 日々草(にちにちそう)。 初夏から秋まで、次々に咲いてくれる白やピンクの可愛いお花です。 花言葉は「楽しい思い出」。 お店のすべてを一人でこなされている店主・河本さんの「楽しい思い出」や、ここに来たお客様にも「楽しい思い出」が積み重なりますように との願いがこもった素敵な名前です。

いただきます!
出典:リビング広島Web

日日花定食 1,000円(税込み)

来ました、日日花定食! 美味しそー! 運んでこられた時に、ひとつひとつ説明をしてくださり、こだわりを実感。

出典:リビング広島Web

ツヤツヤご飯は、吉田町の島中さん。 卵と鶏は、北広島町のふぁーむbuffoさんの平飼卵と地鶏。 サラダの野菜は、世羅の吉宗農園さん。

サラダには、いわゆる液体のドレッシングではなく、おろし人参がのっていて、食材どれも旨味が濃い! やせうまはモチモチで、だし巻き卵のお皿にのっている柚子胡椒を、だんご汁に入れて食べるとまた美味しい!

「八瀬(やせ)うまい、八瀬(やせ)うまい!」
出典:リビング広島Web

きなこやせうま

その昔 大分の若殿さまが「やせうまい!」と言って食べていたのもわかるわ~。

ちなみに、日日花定食は数量限定のようで、私がうかがった日は5食くらいで、11:30には完売していましたのでお早めに!

出典:リビング広島Web

お持ち帰りおやつも気になりましたが、店主さんがお忙しくされていたので今回は断念。 リベンジします!

2021年6月で1周年を迎えた日日花。 大分の郷土料理を独自にアレンジしたやせうまだんご汁を広島で愉しめるのは日日花だけですよ~。

出典:リビング広島Web

やせうまだんご汁とおやつ「日日花」(にちにちか) 住所: 〒730-0002 広島市西区楠木町3丁目16-1 電話番号:082-836-3610 定休日:不定休 ※営業時間も含めFacebookやInstagramなどでご確認下さい。 駐車場なし https://www.facebook.com/nichi2ka/

元記事で読む