注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. ファッション
  3. アディダスが“海に捨てられたゴミ”を再利用したスニーカーを開発!

アディダスが“海に捨てられたゴミ”を再利用したスニーカーを開発!

  • 2015.7.4
  • 1034 views

「アディダス」がアメリカの環境保護団体「パーリー」と共同開発した新作スニーカーが、話題を呼んでいる。 鮮やかな曲線デザインが美しいこのスニーカーは、環境汚染の原因の1つとして知られる、海に廃棄された“魚網”や“プラスティック材”を使って作られた。

かつて魚を捕るための網として使用されていたこのネットは、「パーリー」のパートナーでもある、非営利環境団体「シーシェパード」によって回収されたもの。

密漁船を追跡しながら、最遠で西アフリカ沖まで航海を続け、110日間かけてこの多大な量の魚網を集めていったという。 そんな苦労の末、出来上がったスニーカーがこちら。

年輪のようにも見える滑らかなラインは、魚網の色をほぼそのまま生かしている。

そのこだわりのデザインからは、環境汚染への強いメッセージが感じられるのでは? 人間が身勝手に廃棄したゴミは、海に生息する動物や植物を傷つける原因になると言われている。 「アディダス」は今後も、こうした環境保護活動を続けていくそうで、現在このスニーカーも商品化に向けて動き出しているとのこと。 来年早々には何かしらの発表がある可能性大なので、期待して待とう!

Adidas

http://goo.gl/o8stL1

スニーカー(まとめ)