1. トップ
  2. “ラノベ好き”十味がマンガ・ラノベ図書館のリニューアルセレモニーに登場!

“ラノベ好き”十味がマンガ・ラノベ図書館のリニューアルセレモニーに登場!

  • 2021.7.8
  • 99 views

「ところざわサクラタウン」の「マンガ・ラノベ図書館」が、世界最大級のライトノベル図書館として7月8日(木)にリニューアルオープン。それを記念したリニューアルセレモニーが行われ、#2i2の十味らが出席した。

【写真を見る】自身のライトノベルの思い出を語る十味

セレモニーに登壇した公益財団法人角川文化振興財団・角川歴彦理事長は、今回のリニューアルが各社の協力によって実現したことに感謝を述べ、そして、同施設が日本の文化の新しい顔になればいいと期待を寄せた。

“ラノベ好き”としてのルーツとなった作品を語る

その後は、角川武蔵野ミュージアムの松岡正剛館長、株式会社講談社の野間省伸代表取締役社長、マンガ・ラノベ図書館の井上伸一郎ディレクターと続き、十味はゲストの最後に登場。

“ラノベ好き”として知られる十味は冒頭、会場に展示されたテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場するレムのオブジェを見て「かわいいなぁと思ってもだえているただのオタクなんですけど…」とあいさつ。そして、中学生時代に友達から「バカとテストと召喚獣」を勧められ、自分と重なる部分のある登場人物が頑張る姿に引かれ、ライトノベルにはまったと回想。さらに、「とある魔術の禁書目録」では、想像力や一歩踏み出す勇気をもらえたと、自身のライトノベルにまつわる思い出を披露した。そして、「ここでなら自分が初めてライトノベルを開いた時に感じたドキドキやワクワクをまた味わえるのではないかと思います」と語った。

図書館としてだけでなくライトノベルのアーカイブなどとしても機能

「マンガ・ラノベ図書館」は約2万5000冊を所蔵する“日本でいちばんライトノベルが読める図書館”として、2020年8月1日に開館。そして今回、所蔵数を約3万5000冊に増やし、さらに、ライトノベルアーカイブプロジェクトに合わせて棚の増設や館内装飾などの改装を行いリニューアルオープンした。

図書館の入り口にある特集展示スペースには、現在は寺田心主演、8月13日(金)公開の映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」といった、その時期の話題作とそれに関連した書籍が展示される。また、気に入った書籍を購入できる販売コーナーとして、ダ・ヴィンチストア「マンガ・ラノベ図書館」サテライト店もオープンした。

そして、過去の作品から今後刊行される作品までさまざまな作品を所蔵する、日本で唯一の“エンタメフィクションのアーカイブ”としても機能。図書館で展示できる書籍は最大約5万冊、バックヤードを含めると約10万冊の所蔵が可能だという。また、図書館としてだけでなく、今後は情報発信拠点やイベントスペースとしても活用される。

元記事で読む