1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【最新UVケア】シワ改善しながら美白もできちゃう多機能な日焼け止めはもうチェックした?

【最新UVケア】シワ改善しながら美白もできちゃう多機能な日焼け止めはもうチェックした?

  • 2021.7.8
  • 1024 views

待望の美白&シワ改善の日焼け止め

待望の美白&シワ改善の日焼け止め
出典:byBirth

美白も出来てシワも改善する日焼け止めなんて今までなかった!と、発売前から話題になっていた日焼け止めはご存知ですか?

アラサー世代はぜひともチェックしたいそんな贅沢な日焼け止めは、オルビスから発売されています。

オルビスとは

ひとり一人個性があるように、肌にもそれぞれの個性があると捉え、肌本来の持つ力を発揮し自ら美しくなる力に着目。肌の構造から必要なもの、不要なものを見極めながら30年以上の研究を重ねているブランドです。

スキンケアはもちろん、サプリメントやメイクアップ商品も豊富。また、見た目のデザインもシンプルでオシャレなアイテムが多く、幅広い世代に人気です。

1本で3役の大人の高機能UV!

そんなオルビスから発売されたのが、「オルビス リンクルホワイト UV プロテクター」。先程もご紹介した通り、「美白」「シワ改善」「UVカット」の3役が備わった高機能な日焼け止めです。その秘密に迫ります。

キーになるのが、有効成分「Wナイアシン(ナイアシンアミド)」の存在です。

ナイアシンアミドには大きく2つの特徴があります。一つめがコラーゲン産生を促進させシワを改善する機能です。そして二つめが、メラニン生成を抑制する美白の作用を持っていること。この特徴を活かすことで、悩める大人の女性のニーズに応えた日焼け止めになっています。

《美白》

紫外線を浴びると、過剰なメラニンが生成され、肌を黒くしたりシミ・そばかすの原因に。ナイアシンアミドが、メラノサイトでのメラニンの生成を抑制しシミソバカスを防ぎます。

《シワ改善》

紫外線=日焼けやシミ・ソバカスの原因と思っている方も多いですよね。実は、紫外線はその他にも真皮にもダメージを与え、ハリや弾力に大切なコラーゲンやエラスチンを変性させてしまうことがあります。

そうすると、シワが出来たり、溝が深くなったりと老化を加速させます。有効成分ナイアシンアミドが、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞へ働きをかけ、コラーゲンの産生をサポート。また、既に出来てしまったシワも内側か押し上げ、ふっくらとした肌へ整えます。

その他にも、保湿成分を複数配合し肌に潤いとハリを与えるベースエンハンサーWPによって、乾燥やハリのなさにも対応。

《UVカット》

UVA、UVBにしっかりと対応したSPF50+・PA++++で紫外線から肌を守ります。

顔の動きに合わせる日焼け止め?

1本で3役も備わっているだけでも十分に魅力的ですが、筆者がさらに注目したのが「ATプロテクト処方」です。表情の動きに合わせて伸縮する膜が肌表面を覆い、ムラ焼けを防止し、長時間紫外線から守ってくれます。顔は体に比べ、食べたり飲んだり、笑ったりとよく動くので実はムラ焼けしやすいんです。

紫外線をしっかりガードしたいなら、日焼け止めの数値だけでなく、ムラ焼け防止や持続性に配慮した製品を選ぶのも1つのポイントです。

気になる使用感は?

気になる使用感は
出典:byBirth

見た目はコクのあるクリームに見えますが、チューブから出す時もスッと出てくるほどみずみずしいテクスチャーになっています。顔に伸ばしてみると、保湿感があるのに重さはなく使いやすいです。

みずみずしいテクスチャー
出典:byBirth

冷房が効いている室内で過ごした時も乾燥しなかったので、乾燥肌や長時間冷房にあたる人にも使いやすい感触となっています。

顔以外にも使用したい場所

顔以外にも使用したい場所
出典:byBirth

顔はもちろん、筆者がこの日焼け止めを使用したいパーツが「首」と「手」です!実はこの2つのパーツはボディ用の日焼け止めを使用している人が多いのですが、年齢が出やすい首や手こそ、美白とシワ改善の効果がある日焼け止めがおすすめなんです。

首はシワが出来やすいため、顔を塗るついでに首にもしっかり塗りましょう。また、ジェルネイルをしている方は、特にハンドにもシワ&日焼け止めを意識することが大切です。ジェルを硬化するライトは真皮に届き、ダメージを与えるとされているため、シワを防ぐ為にも日焼け止めを忘れずに!

日焼け止めも日々進化

各メーカーより高機能な日焼け止めが販売されています。使用感や特徴、自分の肌にあった日焼け止めを選ぶことが重要です。お気に入りの日焼け止めを見つけて、今年の夏も乗り切りましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる