1. トップ
  2. おでかけ
  3. 柳楽優弥、共演した三浦春馬さんを「ずっと愛して大切にしたい」としみじみ

柳楽優弥、共演した三浦春馬さんを「ずっと愛して大切にしたい」としみじみ

  • 2021.7.8
  • 3398 views

柳楽優弥、共演した三浦春馬さんを「ずっと愛して大切にしたい」としみじみ

画像1
作品の持つ意義を説いた柳楽優弥(左から2人目)ら

俳優の柳楽優弥が7月7日、都内で行われた主演作「映画 太陽の子」の完成披露上映会に、共演する有村架純、國村隼、黒崎博監督(「ひよっこ」「青天を衝け」)とともに出席。共演した故三浦春馬さんについて、「10代前半から一緒にオーディションを受ける仲で、戦友、ライバル、今回演じた兄弟のような関係でいろいろ関わらせてもらった」と振り返り、「春馬くんがこの作品に愛を持って参加してくれたように、僕自身も春馬くんのことをずっと愛して大切にしたい」としみじみ語っていた。

太平洋戦争末期、海軍からの密命を受け、京都帝国大学が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実をもとに、時代に翻弄された若者たちの姿を描き、2020年8月にNHKで放送されたドラマ「太陽の子」を、ドラマ版とは異なる視点と結末で描く劇場版。柳楽が原子核爆弾の研究開発を進め、希望と恐怖の間で葛藤する若き科学者・石村修、三浦さんが修の弟で、父の意思を継ぎ軍人になった裕之をそれぞれ演じている。

画像2
映画.com

脚本を読み「簡単な決断ではなかったが、絶対に参加したいと思った」と当時の覚悟を明かした柳楽は、「本当に貴重な時間になりました。僕や架純ちゃん、春馬くんといった30歳前後の俳優が、しっかりしたテーマの作品に参加し、年齢に関わらずたくさんの皆さんに伝えていくことに意味があるんじゃないかと思う」と意義を強調。「懸命に生きてきた人たちの姿から、何かヒントを得ていただければ、うれしいなと思います」とアピールした。

修と裕之の兄弟を優しく包む世津を演じた有村は、「ひよっこ」で黒崎監督とタッグを組んでおり「信頼している監督さんが10数年練られた企画で、熱量を感じたので、ぜひ挑戦させていただきたかった」。柳楽、三浦さんともに共演経験があり「自然と幼なじみという関係性を作ることができた。戦時下を描いた作品ですが、撮影の合間は笑顔も多かった」と振り返り、「撮影から2年が経ち、本当にいろんなことが起きて、環境も変わってきましたが、この作品が何かを見つめ直すきっかけになれば」と話していた。

画像3
映画.com

國村は日本の原発研究を進める物理学研究室のトップ・荒勝文策を演じ、「もしも歴史が違っていたら……と、いろんなことを想像した」と語り、「戦争と今のパンデミック。違いはありますけど、個人の力ではどうにもならない、異常な状況に変わりはない。こういう時期に、この映画を見ていただき、何かを感じていただければ」と神妙な表情を浮かべた。

戦時中の学生の手記と出合い、映像化までに10年以上も構想を重ねてきた黒崎監督は「今日こうして登壇してくださった出演者の皆さんは、映画が形になるかならないかのせめぎ合いをしている最中も、実現させようと背中を押してくれた。大事な大事な仲間であり、映画の恩人」と感謝の意。「皆さんが躍動する、エネルギーが刻まれている」と熱弁していた。

「映画 太陽の子」は、8月6日に全国公開。福山雅治が主題歌「彼方で」を提供している。

画像4
映画.com
元記事で読む