1. トップ
  2. ヘア
  3. 【丸顔もカバー】ストカールで作る、湿気に負けないふんわりシフォンボブ

【丸顔もカバー】ストカールで作る、湿気に負けないふんわりシフォンボブ

  • 2021.7.7
  • 1952 views

今回、MAGNOLiA Omotesando・デザイナーのKAYOさんが教えてくれたのは、丸顔が目立たなくなる菱形シルエットのふんわりボブ。「ポイントは頭頂部のボリュームと流した前髪。トップにふんわりと高さをつけつつ、流し前髪で額に隙間を作ると、全体のフォルムがきれいな菱形になり、丸顔カバーにも効果的です」(KAYOさん)

とはいえ、ふんわり感を長時間キープするのは難しそう…。

「この時期気になるのが、湿気による広がりや、クセのうねり、髪のチリつきですよね。朝セットしても夕方までスタイルをキープできないというお声も耳にします。その悩みに効果的なのがストカールです。根元のクセはストレートパーマで抑え、毛先にはデジタルパーマで動きとボリュームをプラス。スタイリングの持ちが良く、クセでスタイリングを楽しめない方や、ふんわりとしたシルエットが作れないという方、エイジング毛に悩んでいるお客様にとても好評です」(KAYOさん)

ストカールを味方につけて、梅雨時期に負けないボブスタイルを楽しんではいかがでしょうか。

■髪型:菱形シルエットで小顔にも!短め前髪のすっきりボブで若々しさもアップ

丸顔のボブヘア代表:西田愛里さん(38歳/サービス業)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
西田さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

KAYOさんによると、短めの前髪にチャレンジしたいという40代のオーダーが増えているのだそう。すっきり、キュートな仕上がりで、若々しい印象にもなれると大人気!

「前髪の根元がペタッとしていると、ハチの張りが目立ち、頭でっかちに見えてしまうことも。スタイリングで根元を立たせつつ、裾にボリュームを出すと、頭の形がきれいに見えますよ」(KAYOさん)

■スタイリング:トップの根元と裾にはボリュームを!ハチはキュッと抑えて引き締まった印象に

「トップに分け目を作らないことが大切です。分け目があると前髪や頭頂部がつぶれて見えてしまいます。ドライヤーでしっかりと根元を起こすように乾かしましょう」(KAYOさん)

スタイリング前
スタイリング前
■1: トップの根元にドライヤーをあてる
髪を起こしてドライヤーの熱を根元にあてる。熱は上ではなく横からあてると良く立ち上がる。
髪を起こしてドライヤーの熱を根元にあてる。熱は上ではなく横からあてると良く立ち上がる。
■2: ハチは抑える
ハチの部分を手で押さえながら、ドライヤーの熱を上からあてる。
ハチの部分を手で押さえながら、ドライヤーの熱を上からあてる。
■3:毛先を握りながらボリュームアップ
手のひらで裾を握りながら、ドライヤーは正面からあてる。丸みをつけるイメージで握ると◎。
手のひらで裾を握りながら、ドライヤーは正面からあてる。丸みをつけるイメージで握ると◎。
〈丸顔ボブヘア スタイリングのコツ3か条〉
  1. 根元を起こして縦長に見せつつ、ハチの張りもカバー
  2. トップの髪を左右に振り、横から根元に熱をあてる
  3. 全体のフォルムが菱形になるように意識!

「根元を起こすときは、真上から熱をあてないで。トップが潰れてしまい、ハチ張りの原因になります。頭頂部の髪を左右に振りながら、ドライヤーを横からあてるのが正解です」(KAYOさん)

MAGNOLiA Omotesando・デザイナーKAYOさん。「パーマはもちろん、縮毛矯正や今回ご提案したストカールも得意です。この時期のクセやうねりでお悩みの方はぜひご相談ください」Instagramアカウント@8kayo6
MAGNOLiA Omotesando・デザイナーKAYOさん。「パーマはもちろん、縮毛矯正や今回ご提案したストカールも得意です。この時期のクセやうねりでお悩みの方はぜひご相談ください」Instagramアカウント@8kayo6

問い合わせ先

MAGNOLiA Omotesando
住所/東京都渋谷区神宮前6-14-17 2F
TEL:03-6451-1540
営業時間:月~木 9:30~21:00 金 12:30~21:30 土・日・祝 9:30~18:30
定休日:火曜(不定休あり)

パーマに定評のある老舗ヘアサロン。気分まで前向きになれるスタイルを提案してくれる。
パーマに定評のある老舗ヘアサロン。気分まで前向きになれるスタイルを提案してくれる。
元記事で読む