1. トップ
  2. ファッション
  3. やっぱり着たいレースブラウス。上手に甘さをセーブするには?

やっぱり着たいレースブラウス。上手に甘さをセーブするには?

  • 2021.7.7
  • 2357 views

レース生地にボリューム袖。思いきりロマンティックなブラウスなら、まったく別のテイストにもハマりやすいので、上手にMIXすればおしゃれ偏差値は急上昇! 着回し方をご紹介します。

レースブラウスの着回し1:かっちり

ブラウス¥16,500/ワンティースプーン(マドモアゼル ロペ) ジャケット¥26,400/マクト×ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) パンツ¥23,100/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) バッグ¥20,900/バンヤードストーム(エレメントルールカスタマーサービス) ローファー¥23,100/カミナンド(マドモアゼル ロペ)

“甘いだけ”の着こなしは大人にとってリスキー。そこに必要なのは、知性と品格。ジャケットONなら、可愛さを活かしながらきちんと感も両立できる。ブラウスがスイートな分、足元はマニッシュなローファーで、女っぽさをセーブするのも忘れずに。

レースブラウスの着回し2:カジュアル

ブラウス/着回し デニムオールインワン¥39,600/カレンテージ(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町) 首に巻いたスカーフ¥7,150/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) バッグ¥7,560/コントロールフリーク(キャセリーニ) サンダル¥13,750/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

ロマンティックなブラウスと、気張らないデニム地のオールインワン。どちらもあどけなさを残したアイテムではあるけれど、ガーリーさと少年っぽさは真逆の方向性。この2着が融合することで、甘くなりすぎず嫌味のない“大人可愛い”が成立する。

レースブラウスの着回し3:ワーク

ブラウス/着回し 肩に掛けたカーディガン¥10,780/アンクレイヴ カーゴパンツ¥24,200/アンド アールシー(カレンソロジー新宿店) バッグ¥16,500/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) サンダル¥103,000/フランチェスコ ルッコ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

タフ印象なワークパンツと可憐なブラウスは、お互い足りない要素を補えるwin-winの凸凹コンビ。ワークパンツはカーキカラーにゆとりのあるシルエットも相まって、カジュアル度がかなり強め。その分、足元はヒール合わせでキレイめ感をキープして。

PHOTO=川﨑一貴(MOUSTACHE)

STYLING=竹岡千恵

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

MODEL=松井愛莉

COOPERATION=栗原うらら

元記事で読む