1. トップ
  2. 恋愛
  3. 故エイミー・ワインハウスの未発表曲をレコード会社が処分!

故エイミー・ワインハウスの未発表曲をレコード会社が処分!

  • 2015.7.3
  • 891 views

故エイミー・ワインハウスの未発表デモが、ユニバーサル・ミュージックのCEOによって処分されていたことが発覚した。ユニバーサル・ミュージック・UKのデヴィッド・ジョセフCEOが更なるエイミーの遺作アルバム発表を防ぐために、未発表曲の音源を全て処分したと『ビルボード』誌に明かした。「モラルの問題だったんだよ」「軸やボーカル部分だけを取るなんてことは僕の管理下では絶対に起こりえないことだからね。(すべてを削除したことで)もう他の人の下でもあり得なくなったわけさ」

エイミーの死後には、死の直前までにレコーディングされていた未発表曲やデモを収録した『ライオネス:ヒドゥン・トレジャーズ』が2011年にリリースされている。

ジョセフCEOは先日公開されたドキュメンタリー作『エイミー』でも製作総指揮として参加しているが、そのPR期間中になぜエイミーが母国イギリスほどアメリカで成功を得られなかったかについて、こう語っていた。「酔っぱらってだらしないというイメージ以外を、人々にアピールできるほどアメリカで十分な時間を費やしたことがなかったからね。」「一部には『薬物中毒の人の映画を作ってるの?』なんて言われたこともあったよ。彼女が自身で作詞していたことさえも知らなかったりするんだ」

参照元:VOGUE JAPAN