1. トップ
  2. 「ごめんな」父は私と目も合わせない。入学式も卒業式も参観日も来たことがない/母親に捨てられて残された子どもの話

「ごめんな」父は私と目も合わせない。入学式も卒業式も参観日も来たことがない/母親に捨てられて残された子どもの話

  • 2021.7.4
  • 29118 views
父の目も合わせない、突き放すような返事 (C)菊屋きく子/KADOKAWA
父の目も合わせない、突き放すような返事 (C)菊屋きく子/KADOKAWA

『母親に捨てられて残された子どもの話』を最初から読む

母親がいない少女・ゆきは、父親と祖母の三人暮らし。家庭のぬくもりなど感じられない家の中で、いつもひとり孤独でした。中学3年生になったゆきは、徐々に母親に想いを馳せるようになります。そんなある日、ふとしたことから祖母から母に関する衝撃の事実を知らされて…?

親の愛情を知らずに育ったある少女の体験を元に、彼女の葛藤と成長を描いたコミックエッセイ『母親に捨てられて残された子どもの話』。家族の愛情について考えさせられるこの作品から、『「ごめんな」父は私と目も合わせない。入学式も卒業式も参観日も来たことがない』のエピソードをお送りします。

※本作品は菊屋きく子著の書籍『母親に捨てられて残された子どもの話』から一部抜粋・編集しました

家でお父さんを見ることはあまりない (C)菊屋きく子/KADOKAWA
家でお父さんを見ることはあまりない (C)菊屋きく子/KADOKAWA
朝は私より早く出勤 (C)菊屋きく子/KADOKAWA
朝は私より早く出勤 (C)菊屋きく子/KADOKAWA
休みの日も部屋にこもってしまう (C)菊屋きく子/KADOKAWA
休みの日も部屋にこもってしまう (C)菊屋きく子/KADOKAWA
私はそれ以上何も言えなかった (C)菊屋きく子/KADOKAWA
私はそれ以上何も言えなかった (C)菊屋きく子/KADOKAWA
将来のことは…やっぱりお父さんだよね (C)菊屋きく子/KADOKAWA
将来のことは…やっぱりお父さんだよね (C)菊屋きく子/KADOKAWA
これ、どうしよう… (C)菊屋きく子/KADOKAWA
これ、どうしよう… (C)菊屋きく子/KADOKAWA
進路決まってる? (C)菊屋きく子/KADOKAWA
進路決まってる? (C)菊屋きく子/KADOKAWA
おじゃましてます (C)菊屋きく子/KADOKAWA
おじゃましてます (C)菊屋きく子/KADOKAWA
片付けてくれてありがとう (C)菊屋きく子/KADOKAWA
片付けてくれてありがとう (C)菊屋きく子/KADOKAWA
怒られてない… (C)菊屋きく子/KADOKAWA
怒られてない… (C)菊屋きく子/KADOKAWA
また来てね (C)菊屋きく子/KADOKAWA
また来てね (C)菊屋きく子/KADOKAWA

著=菊屋きく子/『母親に捨てられて残された子どもの話』(KADOKAWA)

元記事で読む