1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 悲しい…。中学受験、高校受験の失敗が原因?子どもに拒絶され続けています。

悲しい…。中学受験、高校受験の失敗が原因?子どもに拒絶され続けています。

  • 2021.7.2
  • 27529 views

《お悩み》娘が私に話をしてくれません

高2の娘は、中学受験、高校受験に失敗しました。中学受験は私の方から導いて塾などに行かせましたが学力が足らず、高校受験は娘の希望通り難関校に受験しましたが、内申が足らず、今併願した私立に通ってます。中学受験、高校受験の失敗があったので、大学は安全なところに行ってほしいのですが、本人は旧帝大を志望しています。高校受験の時に親子でものすごくぶつかったせいで、娘は高1の終わりから一切、学校の成績の事など、話をしなくなりました。そんなふうにしたのは私だとわかっています。それでもまた受験に失敗したらどうしよう、娘の号泣する姿を見たくない、といつもイライラしてしまいます。主人には相談しているようですが、主人も昔の私の態度が酷すぎたと、何も教えてくれません。学校の三者面談にも主人が行っています。私はこのまま拒絶され続けるのでしょうか。

投稿者:ポムプリンさん

お父さんに相談しているなら安心では?

娘さんに拒まれ寂しそうな姿が伺える今回の相談。お父さんには心を開いているならそれでいい、との温かい励ましが、たくさん届きました

高校生の時期は反抗期でもあります。今の態度は、過去の受験でのお母さんとの関係のせいだけではないですよ。お父さんには相談しているのですから、安心じゃないですか。お父さんに任せておいてよいと思いますよ。

今度こそ辛い思いをしたくないのは、あなたじゃなくてお嬢様です。父親であるご主人様に相談しているのなら、それでよいではないですか。

親はあれこれ言うよりも、見守り励まし、受け止めるほうがよいと思います。お子さんがあまり話してくれないのは、受け止めてもらえなかった経験からですよね?今、できることは、お子さんが健康な生活を送れるよう、食事や体調の管理をすること、そして、お子さんの思いを受け止める用意があると、伝えることではないでしょうか。

母親の助言なんて不要です。謝ることも不要です。母の心配なんかまったく気にせず、たくましく母を乗り越えて行けるなら。自立して、自分で自分の道を選べばよいのです。

まずはお父様との関係が良好とのこと。お嬢さんにとっては幸いでした。我が家も同じような経験があります。勉強に対してノータッチだった父親ですが、娘が高校生以降は良き相談相手になりました。子どもへの思いが伝わらないのは辛いことですが、ここはグッと我慢してご主人に任せましょう。見守りに徹するうちに、お嬢さんの態度も変わっていくと思います。

いちばん傷ついたのは娘さん。でも自分でちゃんと前に進んでいる!

失敗をバネに、前向きに大学受験に取り組んでいる娘さん。もしかしたらただお母さんに、そっと応援してほしいだけなのかもしれませんね。

今の状況を受け入れて、粛々と娘さんの世話をするしかないのでは?無理やり関係修復したとしても、また大学受験で傷つける可能性がありますよね。スレ主さんは我がことのように熱中し過ぎ、距離感を間違えているのでは。既に毒親と思われてしまっているかもしれないので、挽回するためには、口出しせずに見守るしかないと思います。

15年前の私と母の関係かと思いました。母親が子どもを思っているのではなく、母親が自己中なだけです。子どもが傷つくのがかわいそうなのではなく、母親の所有物である子どもが母親の目の前で泣いているのが嫌なだけです。

私は親にあまり関わってもらえなかったので、子どもにはできるだけのことをしたいと思いました。が、たぶん子どもには疎まれています。親が一生懸命に育てていれば子どもに伝わりますよ。そして、その想いが次の子育てに繋がっていくのだと思います。学歴なんてたいしたことではないのです。本人の意志で選んだ道を、卑下することなく生きていれば、人生の幸福度は高いのでは?そういう意味で、「腐らず次のスタートが切れること」が大事だと人生いくつになっても思います。

私は逆で、あまり関わってもらえなかったので、出来る限り関わっていきたいと思いました。が、これも加減の問題ですよね。たぶん子どもには疎まれています。まあ、良かれと思ったことをして一生懸命育てていれば、その想いは子どもには伝わっているでしょうし、良くも悪くもその経験をもとに自分の子育てを考えていくのでしょう。

振り返ってみると、学歴なんて人生の幸福度においてはたいしたことでなくて、その時々に本人の意志で選んだ道に卑下することなく生きていければ、子育ては良しとしてもらいましょう。そういう意味で、「腐らず次のスタートが切れること」が大事だと人生いくつになっても思います。子育てにおいて反省することは多々ありますが、一生懸命やってきた自分を慰めてます。

子どもには失敗する権利があります。娘さんが中学、高校受験で第一志望残念だったにも関わらず、すねてひねくれずに果敢に大学受験に立ち向かう姿はむしろ、心配するというより、誇るべき姿ではないかと思います。

娘は前に進んでいる。私も変わりたい

スレ主のポムプリンさんからはこんな返信が届きました。

『腐らず次のスタートが切れること』が大事だと人生いくつになっても思います」この一言が心に刺さりました。娘はやられてもやられても、次のスタートを切っている。転んでも腐らずいじけず、前向きに進んでいる。落ちた学校のことを忘れられないのも、その制服を着ているお子さんから目を背けてしまうのも、私でした。私だけが、前に進めていなかったのですね

受験の失敗を乗り越えて前に進もうとしている娘さんと、立ち止まっていた自分に気づいたポムプリンさん。これからきっと、新たな関係が築けるのではないでしょうか。

■関連スレッド【6314863】子供が親を拒絶する(悲しい)

(イラスト:猫田カヨ)

元記事で読む
の記事をもっとみる