1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ママ友付き合いって一体いつまで?

ママ友付き合いって一体いつまで?

  • 2021.7.2
  • 10398 views

《お悩み》ママ友付き合い、いつまで続くの?

スポ少のグループ、ランチが趣味な人は、よく見かけるのでわかります。そういうごく一部を除いて半数近くは、もうママ友付き合いってしてないんじゃないの?と思っているんですが、自分が、ママ友付き合いしてないからわからないだけなのでしょうか?

たまに学校やPTAの話を聞いたりすると、皆さん、いろんなことを知っていて、あれ?ママ友付き合いしてない私ってすごく少数派? 私だけ情弱? と焦ったりすることもあります。ママ友付き合い皆無と言っても、ランチに誘われれば行きますし、用事があればLINEなどで連絡したりはします。習い事の送迎で顔見知りに会えば、挨拶もします。積極的に距離を置いたつもりもなく、特に話すことも用事もないし、普通にしていたらこうなったという状態なのですが。私は希に見るほど、周囲から距離を置いている人、なのでしょうか?

投稿者:ジャミラさん

私もほどほどです!の声が多数

「わたしも同じ!付き合いがないほうが気楽!」そんなご意見が多数を占めました。

私もそんな感じです。幼稚園くらいまでは仲良しグループみたいな濃い付き合いでしたが小学校高学年ともなれば、子ども自身がお友だちを選ぶし学校の連絡事項もちゃんと聞いてこれるようになるし特に困りません。

ガッツリやってんのはサッカーや野球グループだけっぽい。楽しそうだけど、トラブルも多いみたい。私も下の子では挨拶程度の人がいるだけ。だから全く情報はありませんが、何にも不便はありません。別に友だちが欲しくないわけではないけど、残念ながら親しくなりたい人がいない。

現在、高校1年、中学1年の子どもがいます。幼稚園や小学校低学年の頃は遊んだりする事もあり、それなりにママ友だちと交流ありました。学年があがるにつれて、習い事でも学校での立ち位置でも差が出たりで親子でライバル視されたり、女の子特有のモヤモヤする出来事があったりで、だんだんとママ友だちと会うこともなくなりました。

3年生の子どもがいます。私は、小学校では最小限の付き合いにしてます。顔見知りのお母さんに会えば立ち話、挨拶はするけど、会話も続かないし、気を使うのが疲れます。保護者会の帰りなども1人で帰るほうが気楽です。確かに情報は入らないけど大切なことは(学校からの)手紙に書いてあるし、人の噂話なんて知らない方が変な先入観がなくやりやすいです。周りには変な母と思われているようですが、他人にどう思われようと子どもが楽しく学校に通えること以外に望むことはありません。人付き合いをなくしてから気楽になりました。

気の合うママ友たちとは一生の友情へ!

しょせんママ友なんて一時的なつきあいなので、気楽に考えてみては?というご意見の一方で、気の合うママ友とはずっと仲良く続いているという方もいました。

誘われたときに楽しくおしゃべりできれば、ママ友じゃない?噂話が耳に入らないのは、情弱とは違うと思いますよ。このままのスタンスで良いと思います。

他の方の書き込みもうんうんと頷きながら読みました。有益な情報ならありがたいけれど、嘘か本当かもわからないような噂を耳にしてしまうことで、先生やお友だちに対する偏見や、不安感を持ちたくないというのが第一。次に、ただ単純に1人で行動するほうが気楽というのが理由です。

必要な情報はちゃんと共有されるし、余計な人付き合いは必要なし!と考えます。誘われればかなりの確率で参加していますし、子どもが大きくなったせいか、自分の学生時代の友だちと旧交を温める機会も出てきたりして、それなりに付き合いがあります。スポ少保護者仲間と違って気楽でいいです。

ママ友づきあいはゆるい方ですが、情報交換は盛んにしていますよ。お迎え時、特に冬場は「◯年がインフルで学級閉鎖、気をつけてね」「ノロで休み多いよ。そちらはどう?」など近隣の小学校の情報を聞きます。

息子が幼稚園の頃からのママ友が2人います。たまたま、母親同士の趣味が一緒で、今でも親しくしています。年に4~5回、食事したり絵を観に行ったりコンサートに行ったり。子ども達は偶然にも3人とも同じ大学に。ご縁を感じます。

ママ友とは、ほどほどの距離感でよし!

投稿された内容を見ていくと、子どもが大きくなるにつれて、ママ友とのつきあい方が変わっていくのは、当たり前のようです。今回相談されたジャミラさんも決してママ友づきあいを拒んでいるわけではない様子。いつまでと考えず、ほどほどの距離感で付き合っていければよいのではないでしょうか。

■関連スレッド【5461079】ママ友付き合い、小学校中学年以降どうなってますか?

(イラスト:土界谷リサ)

元記事で読む
の記事をもっとみる