1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家のお風呂で「おうちサウナ」が叶う!サウナ大好き芸人のおすすめグッズ&押さえたいポイント。

家のお風呂で「おうちサウナ」が叶う!サウナ大好き芸人のおすすめグッズ&押さえたいポイント。

  • 2021.7.2
  • 2619 views

SNSをきっかけに人気爆発中のサウナ。今回は手軽なおうちサウナの方法を、サウナ大好き芸人のマグ万平さんに教えていただきました!6月28日(月)発売 Hanako1198号『料理が好きになるとっておきレッスン』よりお届け。

1.セルフロウリュでととのう。

ロウリュとはサウナストーンにアロマ水などをかけ、発生する蒸気で発汗を促す入浴法。アロマの香りでディープリラックス。

・温かみのある灯りが“ととのい”へと誘う。

浴室の照明を消して、キャンドルの灯りで過ごす。これだけでととのってしまいそうになるほど、リラックス効果抜群。

・アロマディフューザーでロウリュ気分。

ポータブルのディフューザーを使って、アロマの香りを楽しもう!香りによって効果は異なるので、その日の気分で選んでみて。

2.サウナ傘でととのう。

より本格的にサウナ気分を味わいたいという人は、サウナアイテムをたくさんそろえてみては? 中でもおすすめなのが「サウナ傘」!

・お気に入りの入浴剤でしっかり汗をかこう。

温浴効果をUPさせるために、入浴剤は必須アイテム。好きな香りのものや、お肌のために保湿効果の高いものを選ぶのも。

・見た目はビニール傘?おうちサウナの新定番。

通なサウナーの間で話題となった「サウナ傘」。浴槽に浸かってサウナ傘をかぶることで内側に蒸気が溜まり、蒸されやすくなる。

サウナ気分UP!!ととのいグッズ4選

上・「JBL CHARGE 5」16,280円、下・「JBL CLIP 4」各6,480円
左から、「calla lily」15,000円、「SaunaLab Original SaunaHat」5,000円、「Rainbow」9,800円
右・4,800円、左・4,500円
右・ヴィヒタ 1束2,000円、左・ヴィヒタ入浴剤 1箱(10包)2,300円
1.ポータブルBluetoothスピーカー

防水のスピーカーはお風呂でも大活躍。好きな音楽や環境音を流そう。上・「JBL CHARGE 5」16,280円、下・「JBL CLIP 4」各6,480円(ハーマンインターナショナルコールセンター 0570-550-465)

2.サウナハット

熱気から頭部を守るサウナハット。サウナのオリジナルアイテムや、ハンドメイドもかわいい。左から、「calla lily」15,000円、「SaunaLab Original SaunaHat」5,000円、「Rainbow」9,800円(Sauna Lab)

3.砂時計

入浴時間の管理は砂時計で。サラサラと落ちていく砂を眺めながら、リラックスした時間を楽しもう。くれぐれものぼせないように注意して。右・4,800円、左・4,500円(Sauna Lab)

4.ヴィヒタ

サウナの本場フィンランドで使われる白樺の束。全身をマッサージしたり、吊して香りを楽しむのも。右・ヴィヒタ 1束2,000円、左・ヴィヒタ入浴剤 1箱(10包)2,300円(Vihta JP)

おうちで楽しむ、温冷交代浴のススメ。

一度ハマると抜け出せないサウナ沼。今回はサウナー(サウナ愛好家)のマグ万平さんがその魅力を解説。「サウナの入り方の基本は『温冷交代浴』。体を温め、水風呂で冷やし、休憩をする。とてもシンプル。これを2〜3回繰り返すことで脳に大量の酸素が行き渡り、自律神経が調整される。サウナーは“ととのう”なんて言ったりしますね」

しかし、なかなかサウナにも行きづらいこの頃。そこでマグ万平さんがおすすめするのがおうちサウナ。「“ととのい気分”なら、おうちでも味わえます。お風呂で温まり、水シャワーで体を冷やし、部屋で休憩。お気に入りの音楽を用意しても良し、ベランダで風を浴びるも良し、自宅なので楽しみ方は無限大!しかも入館料も必要なし!最高!みなさんも温冷交代浴で“ととのい気分”を楽しんでみませんか?」

マグ万平さん流おうちサウナの3つのポイント

1.いつもより少し熱いお風呂で無理せず温まろう
2.水シャワーで火照った体をしっかり冷やそう
3.お気に入りの場所で休もう。水分補給を忘れずに!

Navigator…マグ万平(まぐ・まんぺい)

プロダクション人力舎所属のお笑い芸人。サウナ・スパプロフェッショナルを取得。『マグ万平ののちほどサウナで』(MROラジオ)に出演中。

(Hanako1198号掲載/photo : Makoto Kujiraoka illustration : karashisoell edit : Dai Watarai(Mo-Green))

元記事で読む