1. トップ
  2. スキンケア
  3. 蒸れる季節に…デリケートゾーンの肌荒れ対策3つ

蒸れる季節に…デリケートゾーンの肌荒れ対策3つ

  • 2015.7.2
  • 905 views

ジメジメ湿気がつらい季節。気温もどんどん上がってきて、汗ばむ時期になりました。それはデリケートゾーンも同じこと。痒くなったり、生理でかぶれてしまいがち。肌が敏感な場所だからこそ、ケアを徹底しないと肌トラブルが起こってしまいます。そこで今回は、美容ライターの筆者が実際に実践しているデリケートゾーンケア方法を3つご紹介します。デリケートゾーンの肌荒れを防ぐには、「おりものシートの常用を避ける」「保湿をして肌を整える」「VIOの脱毛処理をする」の3つがおすすめです。

◼︎夏のデリケートゾーンの肌荒れ対策3つ

・おりものシートの常用は避ける

下着を汚してしまうおりもの。生理前後だとおりものの量が多くなる人もいるのでは? 気になるのは分かります! けれども、おりものシートを常用していると、デリケートゾーンが蒸れやすくなってしまうのも事実。「頻繁に取り替えているから大丈夫」そう思っていても、夏の時期は特に蒸れやすいので注意が必要です。夜眠っている間はシートを着けない、などの対策を行いましょう。

・お風呂上がりにスキンケアと同じく、肌ケアを

デリケートゾーンは敏感肌にも関わらず、何もしていない人も意外と多いのでは? 低刺激性の化粧水や乳液などで、顔と同じように肌を整える習慣をつけましょう! 特に乾燥しやすく、痒みが出やすい人は、ベビーオイルなどでしっかり保湿してあげるといいですよ。

・VIO脱毛

オシャレや身だしなみのためだけではないVIO脱毛。生理時やおりものの量が多い時、毛にゴミが絡まりやすく、デリケートゾーンがかぶれやすくなる原因にも。脱毛処理をしておくことで、デリケートゾーンのケアをしやすくもなります。

締め付けのキツイ下着の着用も、デリケートゾーンが蒸れやすくなってしまいがち。いかに通気性良く、かぶれの要因を排除するかがデリケートゾーンの肌荒れ対策の基本ですよ。

(馬場さおり)